Fire TV Stickの熱対策、外枠加工、ヒートシンク取付で効果あり

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付

Fire TV Stick(旧型)の熱対策として、先日 Amazonに発注していたヒートシンクを受領。外枠(ケース)の上にヒートシンクを取り付けるのみでも、少なからず効果はありそうですが、より冷却効果を高めるため、外枠を加工したうえでヒートシンクを取り付けました。なお、今回はヒートシンクを片側のみ取り付けましたが、後日 反対側にも取り付け予定です。

 

▼2018年5月12日追記。

Fire TV Stick 旧型が熱でフリーズしたのを受け、大きなヒートシンクを取り付けました

Fire TV Stickが高温でフリーズ、巨大なヒートシンク2個取付で効果あり

Fire TV Stick 新型、Fire TV 2017は以下の記事を参照ください

Fire TV Stick 新型の熱対策にM.2 SSD用ヒートシンクをポン付け対応

Fire TV 2017、ヒートシンクと銅板を冷却版に直付けしてみた

 

スポンサーリンク

Fire TV Stickにヒートシンク取付、加工手順

▼前回の記事に記載しましたが、Fire TV Stickを分解のうえ、冷却の対応方法を検討、そしてAmazonにて、ヒートシンクを発注。

Fire TV Stickを分解、夏に向けての熱対策・冷却対応を検討
いよいよFire TV Stickの新型が発売となりましたが、Fire TV Stickをはじめ、Windows 10のStick PCなどで気になるのが、その冷却対応。Fire TV Stickを使用していない時にも(通電のみ)、...

 

▼今回、使用するアルミヒートシンクはこちら。小さなヒートシンクが30個入りで640円。長い方の幅は、Fire TV Stcikにほぼピッタリ。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付2

 

 

▼私が購入したヒートシンクよりも含め、Fire TV Stick 新旧モデルに合いそうな物をピックアップしました。

熱いFire TV Stick対策に、Amazonで探したヒートシンク 5選
Fire TV Stickを使用している方は、感じたことがあるかと思いますが、しばらく使用していない状態でも、本体を触るとほんのりと熱を帯びています。私のFire TV Stickには、熱対策としてヒートシンクを取り付けているのです...

▼取付位置の確認。

左半分にアルミ板があるので、ここにヒートシンクを取り付けます。右半分にも取り付けたところですが、さらにアルミ板・銅板などで橋渡しするか、長いヒートシンクを購入しないと無理。今回は簡易的に左半分のみで対応します。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 カバーを外す

 

▼取付にあたり、黒の保護スポンジのような物がじゃま(上の写真のとおり、アルミ板上に2つあり)。撤去しました。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 保護スポンジ

 

ちなみに、上の写真はデジタル一眼でも、iPhoneでも、ここまでは拡大撮影できず、以下の記事にて紹介のスマホ用レンズにて拡大撮影しています。

 

Mactrem スマホ用レンズ、iPhoneで使用し納得の大きさ故の画質・高級感
スマホでの自撮り用の超広角のセルカレンズが、相変わらず人気のようですね。Amazon・楽天市場などの通販サイト…

 

▼ヒートシンクの取付にあたり、以前にWindows 10のStick PCへのヒートシンクへの取付で利用した、熱伝導両面テープの残りを使用しました。粘着力がそれほど強くないので、ヒートシンク取付位置の微調整には好都合。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 熱伝導シート

 

▼私の別サイトでの、Stick PCへのヒートシンク取付の記事

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた
Windows 10のStick PC(Diginnos、DG-STK3)を2016年11月初旬に購入して約2…

 

▼ヒートシンク3個を取り付けると、先の写真のアルミ板の長さにピッタリです。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 仮付け

 

▼外枠の加工中。

外枠は柔軟素材で、加工しやすい物。爪切りと万能ばさみで大胆に加工中。

右端の上側を僅かに残して加工とも思いましたが、面倒だったため、以下のように残さずに切り取りました。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 カバー加工

 

▼やすりで、やや慎重に加工中。

 

▼そして、外枠の加工完了。加工に要した時間は約30分。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 カバー加工完了

 

▼外枠を取付。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 完成1

 

▼別の角度から。綺麗に収まっています。

Fire TV Stick アルミ製ヒートシンクの取付 完成2

 

▼Windows 10のStick PCと記念撮影。

Stick PCは、熱暴走する危険性がより高いため、大きなヒートシンクのサンドイッチ構造にしています。

 

▼今日のところは片側のみにヒートシンクを取り付けましたが、今後、以下の反対側にもヒートシンクを取り付け予定です。

 

ヒートシンクの効果

当記事の編集中に、Fire TV Stickに取り付けたヒートシンクを触ってみると、これまで外枠を触って感じた以上の熱を明確に感じます。これは内部に籠っていた熱がヒートシンクに伝わっていることに間違いはありません。

ヒートシンクの取付直後であり、長時間 運用した結果ではないものの、ヒートシンク全体に熱を従来以上に感じるため、効果は大いにありとの認識です。

ヒートシンクは高価なものではなく、また、外枠の加工も難しいものではないため、熱対策を検討中の方はお試しくださいませ(ただし、外枠の取り外し・加工を伴うので自己責任にて)。

なお、外枠を加工しなくとも、外枠の上にヒートシンクをのせ、タイラップで固定するのみでも、効果はあるはずです。

 

▼Fire TV Stick 新型、Fire TV 2017のヒートシンクは、こちらの記事も参照ください。

Fire TV 2017、ヒートシンクと銅板を冷却版に直付けしてみた
先日の記事「Fire TV 2017の熱対策にヒートシンクを取付、600円の出費でサイズもピッタリ」のとおり、Fire TV 2017モデルにヒートシンクを仮付けしました。それでもやはり、動画視聴後に本体を触ってみると、Fire T...
Fire TV Stick 新型の熱対策にM.2 SSD用ヒートシンクをポン付け対応
Fire TV Stick 旧型、Fire TV 2017に続き、本日 Fire TV Stick 新型にヒートシンクを取り付けました。購入したヒートシンクのポン付けであり、時間にして3分もかからず完了。何の工夫もない取り付けとなり...

 

▼Fire TV Stick New モデルにGoogle Playアプリをインストールし、内部の温度を計測してみました。なお、旧型は温度センサーがないためか、計測できません。

Fire TV Stick 新型の内部温度を動画視聴前後で確認してみた
ファンレスのFire TV Stickは、長時間の動画視聴時のみならず、スリープ時にも本体を触ってみると温もりを感じます。特に夏の運用においては熱暴走にも気を遣いたいものです。そこで今回、内部の温度を計測してみました。 なお、...

 

▼2017年10月25日に、Fire TV 2017モデルが販売との突如のアナウンス。Fire TV Stickよりも大きめのサイズのため、放熱性もよいとみています。

Fire TV 2017モデルが10/25に販売、2015モデル/TV Stickとの比較
ふとAmazonサイトを眺めていると、「Fire TV Newモデルが2017年10月25日に発売予定」との広告がデカデカと。Fire TV Stick 旧型を使用している私は、その拡張性の乏しさのため、イーサネット・USBポートを...

 

コメント