Fire TV Stick 新型の内部温度を動画視聴前後で確認してみた

ファンレスのFire TV Stickは、長時間の動画視聴時のみならず、スリープ時にも本体を触ってみると温もりを感じます。特に夏の運用においては熱暴走にも気を遣いたいものです。そこで今回、内部の温度を計測してみました。

なお、長時間運用の温度変化のレポートではなく、短時間運用時の温度変化の実測となります。長時間の運用時には追記、あるいは別記事にて報告します。

 

スポンサーリンク

温度計測に使用したアプリ

温度計測に使用したアプリは、Androidスマホ・タブレットではおなじみのCPU-Z。Google Play アプリですが、以下のリンク先に記載方法によりFire TV Stickにインストールしました。

なお、Fire TV機器にGoogle Playアプリをインストールしても、正常に機能するか、常用できるかは試してみないとわからないのですが、CPU-Zは正常に機能しました。

ただし、Fire TV Stick 旧型ではチップに温度センサーがないためか、温度計測は機能しません。

 

▼Fire TV機器へのGoogle Playアプリのインストールについて

Fire TV、Google Playアプリの導入方法、実用性の検証と評価
Fire TV Stickにインストールした Google Playアプリの使い勝手はいかがなものか。2017年1月に、下記リンク先の記事にてアプリ毎に確認しましたが、記事・内容がやや古くなったために、あらためて再確認しました。 ...

 

内部温度の実測値

ごく短時間の運用であり「温度の計測ができた。温度変化を確認できた」の記載にすぎないのですが、ご参考。

家族がメイン利用のFire TV Stick New モデル(私個人は旧型を使用。旧型は温度計測できず)であり、今回は長期運用できなかったのですが、長時間の温度変化を計測できた際には追記します。

なお、基板が異なるためか、Fire TV Stick 旧型・Fire TV 2017モデルでは計測できません(Fire TV 2015は未確認)。

 

▼室温11度の部屋にて、左はスリープからの復帰直後、右は YouTube HD画質の動画を10分ほど視聴した後の内部温度です。

mtktsabbなどは何なのか、海外サイト What does CPU-Z thermal sensors refer to on Android?に記載の事項も含めて読み取れるものは、mtktsabbはCPUのようであり、mktktscpuもその語彙からCPUと思われます。明確ではないので、ここでは内部温度とします。

先頭行でみると、スリープからの復帰後は約35度であった内部温度が、10分間の動画視聴で53度にもなっています。動画視聴後に本体を触ってみると、僅かながらに温もりを感じる程度。熱いまではいかなくとも、今回の温もり以上に温かく感じることが多々あり、相当に内部温度が上昇していることもありそうです。

今回は中途半端な計測となりましたが、数時間の動画視聴後、あるいは本体が熱を帯びている際の温度を計測し、ヒートシンク取付前後の温度変化など、機会があればレポートしたく思います。

 

▼参考記事

Fire TV Stickの熱対策、外枠加工、ヒートシンク取付で効果あり
Fire TV Stick(旧型)の熱対策として、外枠の上にヒートシンクを取り付けるのみでも効果はありそうですが、より冷却効果を高めるため、外枠を加工したうえでヒートシンクを取り付け。熱をヒートシンク全体で感じ、効果ありとの認識です。
熱いFire TV Stick対策に、Amazonで探したヒートシンク 5選
Fire TV Stickを使用している方は、感じたことがあるかと思いますが、しばらく使用していない状態でも、本体を触るとほんのりと熱を帯びています。私のFire TV Stickには、熱対策としてヒートシンクを取り付けているのです...

コメント