Fire TV Stick、OSの自動更新のタイミングと更新画面情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

約3年前の2015年から使い始めたFire TV Stick(当時は第2世代)ですが、初めてFire OSの自動更新の場面に遭遇。これまでもFire OSのアップデートはあったかと思いますが、自動更新の状況を見るのは初めてのこと。Fire OS自体のアップデートが少ないFire TV Stickであり、自動更新しているところを見ることが少ないかと思いますので、私の備忘録として書き留めておきます。

スポンサーリンク

Fire TV Stick、Fire OSの自動更新のタイミング

これまで、Fire TV Stcikのスクショ撮影のために便利に使用していた「Apps2Fire」が、Fire OSのアップデートによるものか、機能しない状況に。スクショにより説明できればよいのですが、文章のみとなります。

 

▼Fire TV / Fire TV StickのFire OSのバージョン情報は以下で確認できます。

Fire TVメニューの「設定 」> 「My Fire TV」 > 「バージョン番号」

 

ちなみに、私のFire TV Stick (第2世代)の2018年12月28日現在のバージョンは、以下とあります。

  • Fire OS 5.2.6.7
  • Fire TV Homeのバージョンは、6.1.2.1-005

 

なお、メイン利用のFire TVのバージョンは以下となっています。

  • Fire OS 6.2.5.8
  • Fire TV Homeのバージョンは、Fire TV Stickと同じく6.1.2.1-005

 

▼参考情報ですが、Fire TVとFire TV Stickでは、上記の黄色網掛けのとおりFire OSのバージョンが異なり、これに伴いFire TV Stickでは設定に「ミラーリング」の項目があるのに対し、Fire TVではその項目がありません。

Fire TV (Fire OS 6) vs Stick (OS 5)、OSによる設定項目の相違を確認してみた
Fire TV 2017モデルとFire TV Stick 新旧型。以前からスマホのアプリ(Apps2Fire)からFire TVを操作する場合に、Fire TV Stick 新旧型はできる一方で、Fire 2017モデルはできない...

 

Amazon 公式サイトにFire OSの自動更新について、以下の記載があります。多くの場合、Fire TV Stickのスリープ時に自動更新されるのだろうと思われます

アップデートがある場合には、自動でダウンロードが開始します。 ダウンロード完了後、アップデートをインストールするを選択すると、インストールが開始します。選択しない場合、次に端末を再起動した時や、端末が30分以上使用されない時に自動でインストールを行います。

目撃したFire OSの自動更新

「目撃した」と記載すると大袈裟なのですが、参考までのスマホで撮影した写真を添えて、自動更新の過程の一部を記載します。

 

▼全画面表示で「最新ソフトウェアをインストール中」とあります。

 

▼「システムストレージとアプリケーションを最適化中」「完了まで約10分かかります」とあります。実際のところは10分以上要したような感覚も。

 

▼今回の更新はAlexaの利用に伴う更新がメインのようです。「Continue」を選択するしかないのですが。

▲以降の写真は撮影していないので、これにておしまいとなります。不思議なことは、メイン利用のFire TVも同様に自動更新されている模様ですが、この「Continue」ボタンが表示された、あるいは自動更新のメッセージ自体が表示された記憶がありません。スリープ中に全てが完了した可能性もあります。

 

コメント