コペン L880K、格安タイヤ「ナンカン NS-2」に交換。取付費合計で22,360円の格安品でも十分

コペン L880Kの7回目の車検をひかえた2020年4月。タイヤのサイドがツルツル状態、しかも劣化もかなり進行していたため、車検を待たずして Yahoo! ショッピングで 1本 4,170円のナンカン NS-2にタイヤ交換しました。昨日交換したばかりであり、乗り心地などを語るほど走っていないため、「コペン L880Kの格安タイヤへの交換」の記事となります。

スポンサーリンク

購入した格安タイヤ

前回のタイヤ交換は4年前の車検時。その際は整備工場にて以下の格安タイヤ「ZEETEX (ジーテックス) ZT1000」に交換。2020年4月19日時点の価格は、1本 3,180円です。

 

今回は、まずは近所のイエローハットで見積もってもらったのですが、取り寄せとなり合計で4万円台半ば。2005年納車、最近では買い物程度にしか乗らないコペンには高すぎるので、Yahoo! ショッピングで以下のナンカン NS-2を購入しました。1本 4,170円と、ジーテックス ZT1000より割高ですが、同じタイヤではフィーリングも変わらないため、ナンカン NS-2に決定。

 

購入先は格安タイヤを多く販売している Autoway。楽天市場とYahoo! ショッピングの双方で販売していますが、付与されるポイントの高い Yahoo! ショッピングでの購入です。なお、配送・取付については、Autoway タイヤピット取付店より配送先(Autowayから取付店へ直送)・取付店を選ぶしくみとなっています。最終的に、購入価格・取付費用は以下です。

  • タイヤ 4本の合計価格は 16,680円(送料無料)
  • タイヤピット取付店統一の取付費用は、税抜 1本 1,800円。税込 4本合計で7,920円。
  • PayPayボーナスライトとTポイントのポイント合計は 2,240円。
  • ポイントを控除した合計は 22,360円、仮にジーテックス ZT1000を購入していた場合には、2万円未満です。

格安タイヤ取付後の写真

タイヤ交換後、それほど走っていないため、フィーリングはつかめない状態ですが、家族ともども ジーテックス ZT1000と大きな相違は感じず。街乗りなら十分です。もともと、路面の状態を拾いやすいコペンのため、また、安物タイヤばかりを乗り継いでいるために感覚が麻痺しているかも。

 

▼こちらは交換前の状態。右側を見ると、かなり危険な状態です。

 

▲▼交換後の側面より。私としては、タイヤのフィーリング、タイヤへのコメントよりも、センターキャップが風化しているのが気になります。この際、センターキャップなしでもいいかも。

 

▲▼私はタイヤのトレッド詳しくないため、写真のみの掲載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました