レヴォーグ

レヴォーグ

レヴォーグを彩る小物・実用パーツ、特選10アイテム(2016年秋編)

2014年10月にレヴォーグが納車され、間もなく2年となります。車内外とも小傷が増えてきた我が家のレヴォーグ。例えば、車内の小傷隠しに使用できるアイテムはないものかと、通販サイトをみていると以下の「ブラックのレヴォーグ STI Sp...
レヴォーグ

ボルボ V40ではなくレヴォーグを購入した背景を回顧してみる

2014年10月に、トヨタ・ノアからレヴォーグに乗り換えましたが、レヴォーグに乗り換えるにあたり、比較検討した車種が「ボルボ V40」。レヴォーグを購入し2年弱経過した今でも、ボルボ V40が走っている姿を見ると、どうしても視線をV...
レヴォーグ

レヴォーグの暑い後部座席に最適な、車載扇風機を激選してみた

昨日から真夏のような暑さとなっていますね。現在 午前9時ですが、こうしてブログを書いているだけで、扇風機・エアコンなしでは汗だくな状況。そこで思い出したのが、「後部座席にエアコン吹き出し口のないレヴォーグの、夏の暑さはハンパない」と...
スポンサーリンク
レヴォーグ

レヴォーグの販売台数と人気カラーを確認してみた

この数カ月、コペンとレヴォーグの記事が激減していましたが、久々にレヴォーグ関連の記事です。 レヴォーグが2014年6月に発売された当初は、1990年代にレガシィに乗って弄りまくっていた私としては、当時のワゴンブームに乗り売れま...
レヴォーグ

久々にレヴォーグに乗ってみてわかった、その上質感(コペンとの比較です)

2014年10月にレヴォーグを購入して約1年。2ヶ月前のレヴォーグ納車1年経過後の再レビューの記事が、何故か再び自ブログ内の「注目記事」入りです。 レヴォーク記事に再度アクセスが集まっていることに便乗して、過去にボツ扱いとし、...
レヴォーグ

レヴォーグ用のキーケースなど、Amazonで販売のニッチなグッズ

レヴォーグの納車から1年経過したことを機に、控えていたレヴォーグのカスタマイズを、あれやこれやと妄想(おそらく妄想のみで終わりますが)しています。 そこで久しぶりにAmazonを覗いてみると、新規にリリースされた、または見逃し...
コペン

レヴォーグ、コペンの海外記事探しに、スマホの英語環境でNow on tap!

昨日、レヴォーグの海外でのレビュー記事をご紹介しましたが、単純な検索では海外の記事が多くはヒットしませんでした。ここで思いついたのが、「こんな時こそ、Android 6.0の新機能であるNow on tapを使えばいい」ということ。...
レヴォーグ

レヴォーグ、英国での評価を覗いてみた

自分で購入しておいて、このように書くのも変なのですが、時々参照している以下の「価格.com、自動車人気ランキング」にて、何故か見る度に1位となっているレヴォーグ。知っている範囲では、1度「デミオ」に1位の座を譲ったことがあるかとの記...
レヴォーグ

レヴォーグ、納車後1年の再レビューです

はやいもので、この10月でレヴォーグの納車から1年となります。2・3ヶ月前に納車したばかりのような感覚なのですが、もしかして、私はコペン乗りがメインであり、レヴォーグにはあまり乗っていない(家内が主に乗っている)ためかもです。 納車後...
レヴォーグ

レヴォーグ、ブースト情報等の表示に、スマホアプリ「Torque」が面白い

先日の記事「レヴォーグ、1.6GTのブースト圧をスマホに表示してみた」にてご紹介の「OBD2 スマホアプリ」の続編です。 コペンでは車両との通信設定の関係で、国内外で人気のあるスマホアプリ「Torque」が使えませんでしたが、レヴォー...
レヴォーグ

レヴォーグ 1.6GTのブースト圧を、5分でスマホに表示する方法

レヴォーグの2.0GTでは、ブースト圧をマルチファンクションディスプレイ(MFD)に表示できますが、1.6GTにはその機能がありません。  そこで、コペン等 燃費計のない車で、安価でスマホに燃費表示する方法にてご紹介のコペンに取り付け...
レヴォーグ

レヴォーグのサイドステップ、透明シートなどの小傷対策を検討してみた

レヴォーグを洗車する度に、気になるのがサイドステップの小傷。小傷を見つけるとコンパウンドで磨いて修復するのですが、大きな張り出しのレヴォーグのサイドステップのこと、いくら気をつかって乗り降りしても、全くキズを付けないようにするのは無理そう。...
レヴォーグ

シートベルト警告音キャンセラー、Amazonで探した種類別7選

我が家の愛車はレヴォーグ。レヴォーグにはシートベルト警告が備わっており、少しの間、シートベルトを付け忘れただけでも「ピーピー」と、かなり大きな警告音が鳴り響いています。運転している私は、警告音があまりにも大きいため、警告音が鳴るたび...
NO IMAGE レヴォーグ

レヴォーグ、意外と差がでるエアコンオンオフによる燃費

レヴォーグの購入にあたっては、その燃費の良し悪しも判断材料の一つでした。レヴォーグ発売の当初は、「レヴォーグの燃費はよい。ガソリン満タンで1,000キロ走破を検証」との評価・特集が各雑誌でありましたが、実際のユーザーの評価はイマイチとの報告...
レヴォーグ

レヴォーグ、自転車を車載可能であることを確認してみた

ブログに記載するほどのことではないのですが、子供の自転車がパンク(パンクと思いきや、ただ空気が抜けているだけでした)したとのこと。 歩いて行ける範囲には自転車屋がないために、初めてレヴォーグに自転車を載せてみました。前々車のレガシィでも車...
スポンサーリンク