Fire TV Stick 4K Max、USBハブ経由で有線LAN、USBメモリ、USBマウス・キーボードの動作を確認してみた

想像以上にサクサクと動作するFire TV Stick 4K Maxですので、過去にFire TV 2017モデルなどで確認した OTG機能でのUSB 機器の接続を試してみたくなります。そこで今回、Fire TV Stick 4KにUSB ハブ経由、あるいはダイレクトに USB メモリ、USB マウス・キーボード、有線LAN、SSDなどを接続してみましたので、動作状況などを記載します。

結果としては、さすがにSSDは電力の関係からか 無理でしたが、その他は普通に動作します。なお、接続においては何の保証もない非公式の二股ケーブルを利用しているために、自己責任での対応となることに留意ください。

スポンサーリンク

必要となるケーブル類

Fire TV StickのOTG機能を利用し(特にOTGを意識する必要はありません)、USB マウスなどの接続可否の肝となるのは、上の画像の二股ケーブル。本体のMicro USBポートを電源接続用(手前)とUSB Aポート(機器接続用)に分岐するケーブルです。

本来はスマホ・タブレット用に販売されているケーブルですが、保証なども全くない 安価なケーブルとなるために、自己責任での接続・お試しとなります。

私が購入したケーブルは、以下の製品です(2017年7月に購入)。同種のケーブルは複数販売されており、レビューなどを参照しご自身で見極める必要もあります。ちなみに、私はFire TV 2017モデルで数ヶ月の長期運用も行いましたが、電気系統・ケーブル自体も含め 不具合は生じていません。

USB 機器接続の検証

Fire TV Stick 4K Max本体の電源ケーブルを外した状態ですが、全体の構成は上の写真です。二股ケーブルのUSB ポートへのダイレクト接続も同様に試しましたが、USB ハブ経由での接続をメインで試しています。

USB ハブ

給電タイプではなく、USB機器の電源は 二股ケーブル(Fire TV Stick本体)から確保する、普通の有線LANポート付きのUSB 3.0のハブですが、普通に動作しています。また、最大で 有線LAN、USB 無線マウス・キーボード、USB メモリを同時に接続しましたが、それぞれ機能しています。

私が使用しているUSB ハブは終売となっているようですが、複数の機器や有線LANも接続する場合には、以下のような 有線LANポート付きのハブがあると便利です。

USB 無線マウス、キーボード

接続した USB 無線マウス、キーボードは、1つの無線ドングルでマウス・キーボードともに動作する以下の製品。私が Windows PCで常用している製品ですが、一発で認識、普通に動作します。

ただし、ご存知のとおり、Fire TV Stickでは マウスに対応していないアプリも多く、利用範囲は限定されます。一方のキーボード操作は快適です。以下の記事にも記載していますが、タイピングでの利用以外に、Tabや矢印キーの操作での、項目・サムネイルの移動などが快適すぎます。

やはり快適、Fire TV Stickのリモコン替りにキーボードを利用。接続方法と使用感
久しぶりに、Fire TV StickにBluetooth キーボードを接続してリモコン替りに利用してみると、これがすこぶる快適です。特にキーストローク浅めのキーボードでは、軽めのタイピングで軽快にサクサクと動作し、「純正リモコンよ...

 

▼使用した マウス・キーボードはこちら。

iClever USB無線キーボードの実機レビュー、Apple純正似でMac / Win 10ともに良好なタイピング感
Macでの快適タイピングのために、中古のApple ワイヤレスキーボード「A1314」を購入したのですが、Bluetoothの接続の不安定さに悩まされている私。そこで、WindowsとMac双方で使用できるUSB無線のiCleverのキーボ

USB メモリ

今回 試してみたのはUSB メモリですが、過去に試したSDカードも含めて普通に認識し、画像などのコピペなどにも対応します。認識しているか否か、画像などのコピペで重要なポイントとなるのが使用するアプリ。今回初めて以下のアプリを利用しましたが、UI的にも、メモリクリアの機能も含めて秀逸なアプリです(詳細は別途レポートします)。

 

▼右の黒い画面の「KIOXIA」とあるのが、接続した USB メモリ。メモリの挿入で即画面の項目が表示、メモリの取り外しで非表示となり、即認識していることがわかります。

▲当アプリに関連しての記載ですが、右の下から2段目に「Clean RAM」のアイコンがありますが、簡単にメモリクリアできます。

有線LAN

これまで、有線LANポート付きのUSB ハブにて、Fire TV 2017モデルをメインに有線接続していましたが、長期運用もできています。今回のFire TV Stick 4K Maxでは、たまたま LAN環境の状況がよくなく、接続切れとなることもあったのですが、通常の場合には問題なく運用できるでしょう。

 

▼有線LANポート付きのUSB ハブにケーブルを接続すると 即認識。

SSD

ダメもとで、2.5インチ SSDとM.2 SSDをUSB接続してみましたが、双方ともに認識せず。2.5インチ SSDは 認識しないのみで、Fire TV Stick 4K Maxは普通に使用できるのですが、M.2 SSDは接続すると、4K Maxが即電源が落ちる現象が発生。深追いしていませんが、電力の関係で無理なのでしょうか。給電付きのUSB ハブなら接続可能かもしれません。

まとめ

Fire TV Stick 4K Maxに、USB ポート付きの二股ケーブルとUSB ハブを接続し、複数の機器を接続し動作を検証しました。Fire TV 2017モデル、Fire TV Stick 4Kも同様に検証・確認していたため、動作することはわかっていたのですが、有線LANとUSB 無線マウス・キーボードの接続が便利です。

ただし、繰り返しますが、非公式でサポートもない二股ケーブルを使用しているため、自己責任での対応となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました