iPhone、Face IDが機能しない状況に。簡単な対応で即復旧した事例

スポンサーリンク
スポンサーリンク

快適に利用していたiPhone XS MaxのFace IDですが、Face IDが全く機能しない状況が発生。さらには一度リセットを行い、再度登録を試みるも設定自体ができない状況に。iOSの更新を行っていないことも疑ったのですが、結果としては再起動であっさりと復旧です。

必ずしも、再起動で認識することはないかと思いますが、私のエラーとなった事例を参考までに記載します。

スポンサーリンク

Face IDがエラーとなった事例

手元にある格安のAndroidスマホの顔認証と比較すると、各段に精度の高いiPhone XS MaxのFace ID・顔認証ですが、何の前触れもなくFace IDが全く機能しない事態が発生。これまでは、以下のとおり、認証できない状況はごく僅かだったのですが、不思議な現象です。

 

今回のエラー以前に認証できない事例は、以下のとおりごく僅か。

  • 極端な暗やみ。街頭の灯りが乏しい場合にも認証できず。
  • iPhoneと顔の角度が極端にずれている場合。
  • これは私の勘違いかもしれませんが、フレームレスに近いメガネ、または100均購入の表面反射の激しい老眼鏡をかけた場合。

 

上記の場合を除き、ほぼ95%~99%の確立で一発で顔認証できていたのですが、本日 突如として全く認証しない事態に。こんな場合にはリセットとの認識から、Face IDのリセットを行うも以下の状態で設定エラーの連続です。

 

以下の画像はFace IDのリセットを行うもエラーとなる事例です。

 

▼Face IDのリセットを押下し再設定、あるいは「もう一つの容姿を設定」を押下し、Face IDを設定を試みる。

 

▼通常の場合は、左の画面から右の画面へとすぐに遷移し、時間をかけずにFace IDの認証が完了するのですが、今回の私の事例は左の画面から遷移せず。「顔を上に下に、iPhoneを上に下に」と何度もメッセージが出るものの、何度試してみても右の画面とならない現象が発生。

再起動であっけなく復旧

上記の現象に対して、iOSの不具合によるものかと、ストップしていたiOSの更新を行うべきかなど、思いを巡していたのですが、iPhoneの再起動を行うことで、あっさりと解決。

再起動前にFace IDのリセットを押下していたため、再起動後のFace IDの再設定・登録で何事もなかったかのように復旧。以降もしっかりと機能しています。

 

コメント