レヴォーグ 1.6GTで給油なし1000km走行の可否を、往復1600kmの高速走行で検証

以前から気になっていた、レヴォーグにて給油なしで1,000kmを走破できるかの検証。先週(2018年3月)、千葉から山陰までの往復約1,600kmを走行し確認してみました。

満タン法による計測ではなく、レヴォーグの燃費計による簡易計測でしたが、結果としては(単純計算では)「給油なしで1,000kmの走破可能」でした。今回はその経緯等のレポートです。

 

スポンサーリンク

1,600kmの走行の前提

走行の条件等の前提は以下となります。

  • 2014年式のレヴォーグ 1.6GT アイサイトにて走行
  • 私以外に家族2人、中型犬が乗車
  • 家族3人、3泊分の荷物他でリアの荷室は満載
  • アイサイト、クルーズコントロールは使用せず
  • 往路・復路ともに18時頃に出発し、主として深夜の高速走行
  • 首都高以外は渋滞なし(渋滞時間は2時間程度)
  • 概ね時速100km前後で走行

 

▼走行距離は以下のスクショのとおり、片道約800km

ドラぷらの高速料金・ルート検索より

 

▼走行した高速は以下です。最大距離となる東名・名神では、往路が雨でもあり、また夜間走行のために周囲をトラックに囲まれていたこともあり、概ね時速90km程度。復路は時速100km前後です。

また、復路の首都高(東名料金所から渋谷あたりまで)では2時間程度の渋滞に巻き込まれました。

  • 東関東自動車道
  • 首都高速湾岸線
  • 首都高速中央環状線
  • 首都高速3号渋谷線
  • 東名高速道路
  • 伊勢湾岸自動車道
  • 伊勢湾岸道路
  • 東名阪自動車道
  • 新名神高速道路
  • 名神高速道路
  • 京滋バイパス
  • 中国自動車道
  • 米子自動車道
  • 山陰自動車道

 

燃費、給油なし1,000km走行の可否

冒頭のとおり、満タン法による「給油なし1,000km走行の可否判断」ではなく、1,600km走破した際の燃費から計算したものです。

燃費

往路の途中まで走行計をリセットするのを失念していましたので、合計1,600km超とならず、また、山陰での市街地走行(50km程度か)も含んでいますが、燃費と走行距離は以下のとおりです。

さらに、計測計A/Bと一部重複していますが、参考データとしては十分な距離でしょう。

 

燃費走行距離
17.4km/l427.5km
16.4km/l862.6km

 

▼427.5km走行時(画像下)の燃費は17.4km/l(画像上)

 

▼862.6km走行時(画像下)の燃費は16.4km/l(画像上)

 

燃費に対するコメントは以下です。

  • 燃費16.4km/lは主に往路となるのですが、雨の影響もあり(過度の追越もせず)時速90kmで走行したためか、東名の静岡から名神の大阪にかけては燃費が19〜20kmとなる(最大 20.7km/l)状況もしばらくありました。
  • 中国自動車道では交通量が少なくスピード・加速ともに上昇気味、米子自動車道では傾斜のある区間も多く、全体の燃費を押し下げており、この区間の燃費は14km台となることも多々ありました。
  • 同経路(往復1,600km)を2002年式のノア、2005年式のコペンで走破したこともあるのですが、それらと比較するとレヴォーグの燃費はかなりいいです。

 

給油なし1,000km走行の可否

単純計算ですが、給油なし1,000km走行の可否についてです。レヴォーグの燃料タンク容量は60リットル。

上記の燃費16.4km/l で計算すると984km。燃費17.4km/l で計算すると1,044km。十分に「給油なしで1,000km走行可」と言えるでしょう。

 

  • 燃費 16.4km/l ✕ 60リットル= 984
  • 燃費 17.4km/l ✕ 60リットル= 1,044km

 

まとめ

2014年のレヴォーグ納車時からやってみたかった「給油なしで1,000kmを走破できるか」の検証。約1,600kmの高速走行の結果、「給油なしで1,000km走行可」との結論に。

往路・復路ともに、ガソリン満タンにしたうえでスタートしたわけではないのですが、往復ともに一度給油したのみで、十分に満足のいく燃費となりました。

コメント