Amazonで1万円未満、レヴォーグの小物・実用パーツ 厳選15製品(2018年初版)

KindleUnlimitedの読み放題対象のレヴォーグ関連の記事を読み漁っているうちに、レヴォーグのアフターパーツに再び物欲が湧いてきた私。かつては、レガシィBG5、ノアとフルエアロにインチアップのホイールと一通りのドレスアップを行っていたのですが、今は懐具合の寂しさもあり、レヴォーグはノーマル状態です。

そんななか、私の小遣いでも購入できそうな1万円未満の、実用的なパーツ・レヴォーグに彩を与える商品をAmazonからピックアップしました。

 

関連記事

KindleUnlimited 読み放題対象で読める、レヴォーグ関連本5選(2018年初版)

 

1万円未満で購入できるパーツ

1万円未満となると外装は無理なのですが、1万円未満のパーツのうち、実用的な製品、あるいはレヴォーグにキラリと彩りを与える製品をピックアップしました。

 

▼ピカキュウ、後退灯

レヴォーグのバック時に後退灯が暗いと感じたことはないのですが、もう少し明るさが欲しい場合には、こちらの後退灯。明るさは380ルーメンとあるのですが、純正のルーメン数を確認できず。

以下の記事はインプレッサの事例ですが、純正とLED灯との夜間の比較があり、またサイドミラー越しの明るさ比較もあり参考になります。

超明るいLEDバックランプと純正バックランプの比較

 

なお、400ルーメンの商品もありますが、価格は倍程度に跳ね上がるため、価格控えめの商品をピックアップしました。

 

▼メッキモールのブラックアウトテープ

これはいいですね。レヴォーグの外観でイマイチなところが、サイドのウィンドウ下のメッキモール。窓枠すべてがメッキモールならまだよいのですが、中途半端な位置までのメッキモールとなっています。

レヴォーグ、メッキモールのブラック化に適したフィルムを探してみた」の編集時に、汎用のブラックアウトテープを探していましたが、いつの間にか専用の製品が発売されていました。

レヴォーグのメッキモールの長さに合わせて4分割されています。マットブラック、グロス(光沢)、カーボン調の3種類ありますが、個人的にはマットブラックがおすすめ。

 

▼エアコンダイヤルリング

地味なエアコン周りを彩る赤のダイヤルリングです。被せるのみの簡単装着。赤のみのようですが、私のレヴォーグのボディ色・内装のステッチ(青)にあわせてブルーがあればよいのですが。

△▽こちらのパドルシフトカバーとの合わせ技も統一感がありいいかも。

 

▼レザーキーケース

Amazonでレヴォーグの商品をみていると、いつも気になるのがこの類のレザーケース。ケースがなくともキーが傷だらけになるようなことはないのですが、ケースをつけると安心。赤のステッチもおしゃれです。

 

▼インナー ドア プレート

レヴォーグの適用は2017年9月登録までとあります。傷つき防止の他、地味なドアノブ周りに彩りを与えます。レビューをみると、付属の両面テープの粘着力が弱いようで、別途 両面テープを用意すべきかも。エーモンのロックファスナーで取り付けている方もいるようです。

 

▼リアバンパーステップガード

私のレヴォーグのリアバンパーは、自転車や荷物の積み下ろしで小傷が多数。この小傷を防ぐためには、もちろん、純正のカーゴステップパネルがベストなのですが、「1万円超ではちょっとね」という場合には安価なラバー製はいかがでしょう。

ただし、レヴォーグ専用にカットされたものではなく、レヴォーグも推薦車種の一つとの扱いです。

 

▼サイドステップの小傷防止のプロテクションフィルム

レヴォーグでは、リアバンパー以上に小傷のつきやすいのがサイドステップ。アフターパーツ並みに張り出しの大きいサイドステップは、どれほど注意していても傷の付きやすいものです。

レヴォーグのサイドステップ、透明シートなどの小傷対策を検討してみた」にて、プロテクションフィルムを2製品 紹介しましたが、うち以下のものを再掲です。

レビューを参照すると、やや厚みがあるようですが(数値の掲載はなし)、レビュー数が343件と多く、レビューにある取り付けノウハウも含め、車用の保護フィルムとしては最適かと思います。

 

▼シフトノブ本革巻き替えキット

手軽にシフトノブのイメージチェンジができる、巻き替えキットです。巻き替えの際には、一カ所のみ手縫い対応の簡単設定。ステッチ・配色の組み合わせが7パターンあります。

 

▼センターキャップ

1990年代にレガシィBG5に乗っていた時にはセンターキャップを自作したこともあるのですが、今ではAmazonにて多くの商品が流通しています。そのうち目に留まったのがSTIのセンターキャップ。

サイズ合わせ、バリ取りなど、ご自身のホイールに合わせDIYは必須となるかと思いますが、センターキャップの土台と合わせて変更したくなりました。

 

▼塗装済アイライン

塗装済のアイラインがまさかの1万円未満です。「レヴォーグを彩る小物パーツ、特選10アイテム(2017年夏編)」でも紹介しましたが、販売元は、私が以前 ノアのホイールを実店舗で購入したことがある、東京都葛飾区のカーショップ ナガノ。信頼のおけるショップであり、もいろん製品はしっかりしたものです。

より詳細な情報は、カーショップ ナガノの製品紹介を参照くださいませ。全色に対応しています。

 

以下の商品は、1万円をやや超えてしまいますが、私としては外せないものです。

 

▼純正ドアミラーカバー

レヴォーグ購入時にウェルカムライティングをオプションとして付けたために、ドアミラーカバーはサテンメッキとなったのですが、購入時から違和感があります。

納車から3年経過し、今さら購入することもないのですが、やはり気になるドアミラーカバーです。上の写真はレッドですが、全色揃っています。

 

▼USB/HDMIパネルセット

私のレヴォーグはHDMI端子がないため、こちらを利用したうえでスマートに取り付けたいもの。なお、純正パネルにパワーコンセント等ACソケット以外が付いている場合は取付け出来ません。

 

▼バッテリーホルダー

これまで紹介の商品と比べると価格は高めなのですが、私がバッテリーをDIYで交換した際に、バッテリーを固定するステーの取り外しで戸惑ったこともあり欲しい商品です。エンジンルームも鮮やかになりますし。

関連記事

レヴォーグ 1.6GT、DIYでのバッテリー交換工程。ディーラー見積もりの半額以下で交換完了

 

まとめ

一部に1万円超の製品もありますが、Amazonで購入できる、レヴォーグの実用的なパーツ・彩を与えるパーツを紹介しました。外装・内装ともに大きな不満もないレヴォーグですが、1万円未満の商品にて些細な不満点を解消し、自分好みに仕上げていくと、よりいっそう愛着が沸きそうです。

 

関連記事

KindleUnlimited 読み放題対象で読める、レヴォーグ関連本5選(2018年初版)

レヴォーグを彩る小物パーツ、特選10アイテム(2017年夏編)

レヴォーグを彩る小物・実用パーツ、特選10アイテム(2016年秋編)

コメント