レヴォーグ 1.6GT、DIYでのバッテリー交換工程。ディーラー見積もりの半額以下で交換完了

2017年10月のレヴォーグ 1.6GTの車検時に、バッテリーの交換が必要とのことであり、ディーラーでのバッテリー交換の見積もり額は38,124円。いくらなんでも、これは高すぎるため、定番のパナソニック カオスをAmazonにて購入し、DIYで交換しました。

ステーの脱着でやや時間がかかりましたが、スムーズにいった場合の所要時間は30分もかからないと思います。そして費用は、バッテリー本体とメモリーバックアップのパーツを合わせて、17,330円。メーカー提示の半額以下で抑えることができました。

 

掲載のバッテリーは、レヴォーグ 1.6GT (DBA-VM4)向けです。2.0GTのバッテリーには適合しません

 

関連記事

高すぎるレヴォーグのバッテリー、ネットで半値のものを探してみた(1.6GT用)

 

使用したパーツ

スポンサーリンク

バッテリー交換の手順

今回のレヴォーグも含めて、これまで10回近くは自分でバッテリー交換しているのですが、その手順の記憶はあいまいなもの。

ここは、エーモン メモリーバックアップに記載の以下の手順に従いました。下線部分はメモリーバックアップを利用する場合の事項です。

  1. バッテリーターミナルのプラス側へ赤、マイナス側へ黒のワニ口を挟む
  2. ワニ口を挟んだ状態で、バッテリーターミナルをマイナス端子から外す。
  3. 新しいバッテリーと交換。
  4. バッテリーターミナルをプラス端子から接続。

 

▼今回購入した、パナソニック・カオス。私はコペンでも、このカオスを使用しています。コペンの場合、「エンジンの始動が元気になった。ヘッドライトが明るくなった」などのレビューコメントがあります。私が鈍感なためか、体感できるものはないのですが。

コペン(L880K)、バッテリーに再びコスパに優れたカオスを投入
先の記事「ジャンプスターター、車のバッテリー上がり、スマホの充電もできる優れもの」のとおり、コペン(L880K)のバッテリー上がり・バッテリーの劣化に対応すべく、本日バッテリー交換を行いました。交換したバッテリーは、コペン乗りでは定...

 

▼エーモンのメモリーバックアップ。

車両のメモリー(オーディオ、コンピューター、パワーウィンドウなどを、単三乾電池6本で保護するもの。これまではこの類の製品を利用しないでバッテリー交換をしていたのですが、パワーウィンドウの開閉できない、ナビがリセットとなったこともあり、また、レヴォーグは家族がメイン利用のため、メモリーバックアップを使用し保護しました。

 

バッテリー交換を写真で概説

では、写真を用いながら補足します。

 

▼取り外す前のバッテリー。

ステー上側に配線?が固定されており、外し方が不明でしたが、下側の支持某を外すことにより、配線を外すことなくステーを取り外しできました。

 

▼まず、ステー下側のネジを外します。

 

▼手順とは関係ないのですが、メモリーバックアップに単三乾電池6本を装着。

 

▼バッテリーターミナルのプラス側へ赤、マイナス側へ黒のワニ口を挟みます。

バッテリーを取り外す過程で、メモリーバックアップのワニ口が2度外れてしまったのですが、メモリーはしっかりと保護されていました。

 

▼上側のステーはネジを外すことなく外れました。ステー・端子を外した状態です。

 

▼さすがにレヴォーグのバッテリーは重いのですが、バッテリーの取り外し完了。

中央やや上の黒の支柱の穴にステーの支持棒を引っ掛けるしくみ。写真を撮っていないのですが、私は下側のステーの支持棒を引っ掛ける穴を探すのに時間がかかってしまいました。

 

▼バッテリーボックスとカオス。バッテリーボックスにピッタリ収まります。

 

▼純正バッテリーとカオス。純正もカオスと同じパナソニック製でした。同じパナソニックでありつつも、カオスの価格は純正の半分以下。純正が高すぎるのか、カオス(Amazon)が安すぎるのか、この価格差は両方の要素がありそうです。

 

▼カオスを仮置き。ボディのブルーとうまくマッチングしています。

 

▼前述のとおり、ステーの下側の棒の取付穴を探すのに時間がかかりましたが、無事 交換完了。

▲エンジンを始動したところ、パワーウィンドウ・ナビの設定ともにリセットされることなく、保護されていました。

本日は交換のみのため、走行時のフィーリングなどは後日の追記となります。

 

2018年1月13日 追記

同じくカオスに交換したコペンでは、エンジン始動時の元気のよさを感じたのですが、レヴォーグではフィーリングなどの変化を感じることはありません。交換前の純正と同じ感覚ですが、ここは純正バッテリーの半額以下で同じパフォーマンス=コスパが高いと、純粋にとらえるべきでしょう。

 

▼今回使用のバッテリーとメモリーバックアップ

▼みんカラをみると装着している方がいたのですが、見かけの良さに惹かれて価格を確認して唖然

▼寒い冬になるとドキドキするのが突然のバッテリー上がり。そんな時に備えて、ジャンプスターターがあると安心。スマホなどのモバイルバッテリーと、車のバッテリー上がりの際のエンジン始動に使える製品です。

Amazonから選んだ、おすすめのジャンプスターター5製品。ノートPCへの充電に対応した製品もあり
毎年、この寒い時期になると品定めを行うのがジャンプスターター。年に一度はバッテリー上がりのある、私のコペンの場合、特に極寒の日にはエンジンをかける度にバッテリーが上がっていないかとドキドキしています。 こんな突然のバッテリー上...

 

コメント