読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

The Flash シーズン2、一気に視聴してしまった面白さなど雑感

hulu・動画

f:id:kminebg1110:20160821140527j:plain

久しぶりにhuluの話題です。最後にhuluの記事を掲載したのが、2016年3月6日のリベンジ、留まることなき復讐の連鎖。ブログ更新どころではなく面白い であり、約半年振りのhuluネタです。huluを見始めると止まらなくなり、ブログの更新どころではなくなるために、なるべくhuluを視聴することを控えていましたが、そんな想いとは裏腹に、この7月・8月に全話視聴してしまったのが、今回ご紹介する「The Flash シーズン2」です。

 

スポンサーリンク

 

 

The Flashは、単なるヒーローものにとどまらない面白さがある

シーズン1については、昨年の2015年11月25日に以下のとおり記事にしましたが、シーズン1の配信後に長い休憩。この7月21日からのシーズン2の配信にあわせてみ始め、2週間ほどで全話を視聴しました。

 


あらすじは他サイトにお任せし、私がThe Flashに惹き込まれた要因は以下となります。

 

  • 私が好きな「Arrows」のイケメン主人公が、シーズン1に引き続き登場します。頻繁に出演するのではなくゲスト出演的な扱いです。先のリンク先の記事でも記載しましたが、「The Flash」は「Arrowのスピンオフ」と説明するサイトもあります。スピンオフとは「派生作品・外伝」とのことですが、同じ時間軸で活躍する二人の共演も見逃せません。
  • シーズン2でも、粒子加速器の誤動作・爆発(?)の影響により、超人的な特殊技能を身につけたメタヒューマンが活躍・暗躍します。粒子加速器と言われても何のことだがピンときませんが、この謎めいたところにも惹き込まれます。
  • さらにシーズン2では、シーズン1から継続してFlashが活躍する世界・地球が「アース1」、同じ世界のようですが時間軸が異なる世界の「アース2」と地球が2つ存在します。そして、この「アース2」で暗躍している新しい敵となるのが、Flashと同じく高速移動する能力を持つ「ズーム」。「アース1」と「アース2」を行き来するうえに、「アース1」「アース2」には姿形を同じくする同一人物が生活しているものの、「アース1」では味方であった者が「アース2」では敵の設定であるなど、混乱を招きつつも興味をひきます。
  • 稀にArrowsのヘルプがあるものの、一人で多くのメタヒューマンと闘うFlashと、異なる能力を持つメタヒューマン大勢との闘いでは、敵が十分に作戦を立てていれば、Flashに負けることはないと思うのは私だけでしょうか。がしかし、そこはFlashを取り巻く科学者・チームの知恵の見せ所。また、Flashことバリーの、他の科学者・チームが思いつかない作戦で敵を蹴散らすところも見応えがあります。

 

思いつくことをダラダラと記載したに過ぎないのですが、USAのテレビドラマ全般的に感じることは、費やすコスト・演技・ドラマの展開が速いと思えば、細かい描写もあるなど、本気モードで映画並みに凝っている感が強いです。日本のドラマが本気モードでないことではないのですが、USAの人気のあるドラマは、一度観てしまうと続きが気になり、ついつい時間も忘れて連続して観てしまいます。

 

▼ご参考までに、シーズン2の予告編の動画です。

youtu.be