楽天メルマガを一斉に配信停止、重要メールが埋もれないための手続き

amazonと同様に楽天市場でも買物をすることが多い私。amazonと違って、楽天市場で困ることの一つが、知らず知らずのうちにメルマガ配信登録を行っていること。そして気がついてみると、メールボックスを楽天メルマガが占拠し、他の重要メールが埋もれてしまっています。先ほど、この楽天市場のメルマガを一斉に配信停止しました。公式サイトにも丁寧に停止方法が記載されていますが、その手続きを参考までに掲載します。

スポンサーリンク

楽天メルマガの配信停止の手続き

私は過去に何度か、複数まとめて、あるいは全メルマガの配信停止手続きを行っているのですが、楽天での購入時に「メルマガを受信しない」を選択しないと、異なるショップで購入の都度 配信されることになります。購入時の選択を忘れがちであるため、1年に一度ぐらいは配信の設定を見直したほうがよさそうです。

▼まずは、こちらの公式サイトにアクセスします。

楽天のメルマガ停止手続き

以降は、スマホサイトをメインとした説明です(パソコンサイトも構成は同様です)

▼以下の画面となりますので「楽天会員の方」を選択。

ここで「楽天会員ではない方」もメルマガが受領できるのかと素朴な疑問。

楽天 メルマガの配信停止手続き1

▼「購読中のメルマガ一覧」画面となります。

私の場合、「楽天のメルマガ」は21登録、「楽天ショップのメルマガ」は15登録となっています。配信停止においては、「楽天のメルマガ」「楽天ショップのメルマガ」を別々に行う必要があります。「楽天のメルマガ」を停止する際には、以下の画面の「全て停止にする」、あるいは個々に「登録中」を選択すると「停止中」の文字に変わります。

楽天 メルマガの配信停止手続き 登録済一覧

▼「停止中」の状態で「停止を確定する」で完了

続いて「楽天ショップのメルマガ」の配信停止手続きです。

上の画像の「楽天のメルマガ」「楽天ショップのメルマガ」のうち、後者を選択すると以下の画面となります。

▼画面を開くと①の「読む」にチェックが入っているため、個別対応の場合にはチェックを外します。一括対応の場合には②または③を選択。これにて実行する場合には④の「変更内容を確認する」を選択します。

▼以下の画像の左・赤文字にあるように「配信停止」になっています。これでよければ「登録情報を変更する」を選択して完了です。留意事項としては、楽天ショップのメルマガの場合、配信停止まで3日ほどかかるケースもあるようです。

まとめ

とっても簡単にできる「楽天メルマガ」「楽天ショップメルマガ」の配信停止手続き。あまりにもメルマガを受領していると、重要メールがメルマガに埋もれて見落としがち。楽天市場を利用した際に、私もそうなのですが、楽天メルマガを受領しないように設定漏れ、あるいは役立ちそうだから購読したものの、ほとんどメルマガを読んでいないことが多々あるかと思います。重要メールが埋もれないためにも、できれば1年に1度ぐらいは配信停止の手続きを行いたいものです。と言いつつ、私は2~3年放置していたのですが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事