DMM mobile、当初3カ月が299円となるキャンペーン中(7/4まで)。Amaoznキャンペーンとの損得勘定

現在でも立派に稼働するAndroid スマホ・タブレットを20台近くを所有する私ですが、気がついてみると楽天モバイル、Freetelを解約し、ドコモ回線 SIMがない状況に。メインはソフトバンク、サブとしてUQ mobile au SIMを利用しているのですが、ドコモ系の格安 SIMを物色していたところで、DMM mobileが新規お申込みキャンペーンとして7月4日 13:59分まで、当初3カ月間は月額299円となるキャンペーンを開催しています。

そこで気になるのが、Amazonで初期手数料が無料になるDMM mobileエントリーパッケージとの価格差。初期手数料は3,000円のため、簡単な計算となりますが、どちらがお得か念のために記載します。

月額299円 vs 初期手数料無料

下表はDMMモバイルから抜粋の月額料金表の一部ですが、今回の当初3カ月間有効の「新規お申込みキャンペーン」の月額料金は赤文字となります。

 

 

Amazonの初期手数料が無料になるキャンペーンとの損得勘定では、単純に3カ月合計での割引額が3,000円を超えるか否かの図式となるでしょう。

この場合、データ量8GBまでの範囲で今回の「新規お申込みキャンペーン」がお得になるのは、通話対応SIMのデータ量 2GB超。データ通信SIMの場合には、完全にAmazonがよりお得な状況となります。

 

▼AmazonとDMMモバイルのそれぞれのキャンペーンはこちら

 

私のDMMモバイル SIMの使用目的

さて、私がDMMモバイルをはじめ、ドコモ系の格安SIMの購入を検討している理由・使用目的は以下となります。これまでの楽天モバイルとFreetel SIMの利用経験から、私が多用する平日昼休みと通勤ラッシュ時の安定性と速度は、UQ mobileとY! mobileにはかなわないため、スーパーサブ的な利用となります。

 

  • 多数あるAndroid スマホの動作確認用。
  • ソフトバンク / UQ mobileは、双方ともにiPhoneにて使用していますが、同一アプリの場合ではもアプリによってはAndroid用アプリが便利なこともあります(画面遷移や項目が異なるため)。このため、ごく短時間の使用を想定。

 

上記の私の使用目的の場合には、データ通信のみの1GBでも十分ですが、余裕をみれば3GBでしょうか。UQ mobileのiPhone SIMをAndroid SIMに切り替えることも検討中。回線速度が安定しているUQ mobileも魅力ですが、DMM モバイルの安さも見逃せません。

 

▼UQ mobileの安定度、平日昼休みとラッシュ時の速さは大いに魅力的。

UQ mobile vs ソフトバンク、山手線ラッシュ時の回線速度をiPhoneで比較してみた
回線の混み合う平日の昼休みも快適なUQ mobile SIMですが、メインで使用しているソフトバンク SIMとの回線速度の相違はどれほどのものか。おそらくは比較対象となることの少ない両SIMですが、私の個人的な興味により、朝夕のラッ...

 

コメント