USBポートからFire TV Stickに給電できるケーブルってどうなの? amazon USAでの評価など

Amazonの「おすすはこちら」のコーナーにて、Fire TV Stickの周辺機器として目に留まったのが「テレビのUSBポートから直接電源を取り出し、ACコンセントが不要になる」という触れ込みの製品。

日本そしてUSAのAmazonサイトで購入者レビューを確認したところ、USAでは「実際に使用できるか疑問に思いながらも使用できた」とのコメントの多い製品です。決しておすすめする製品ではないのですが、気になったというレベルで掲載します。

バスパワーで稼働可能とする製品をピックアップ

Fire TV StickをUSBのバスパワーで稼働させるとの製品ですが、Amazonでは複数の製品が流通しているようです。うち、今回は3製品をピックアップ。重ねて記載しますが、おすすめするものではなく興味本位での記事となります。

ただし、怪しいながらも完全に否定するものではなく、後段の3番目の製品はAmazon USAでも流通していますが(他の製品は未確認)、2018年7月14日時点では355件ものレビューコメントがあり「疑問に思いながらも使えた」との意見が多いような感覚です。

なお、私は電気面には詳しくないのですが、少なくともUSB OTG(USB On-The-Go)機能のないFire TV Stick 旧型には使いえないはずです。

 

▲レビューを拝見すると、日本語が不自然かつ文脈がおかしいため、明らかに「釣り」のレビューでしょうね。

また、製品紹介も「男性のマイクロUSBポート」とあり、外国語を機械翻訳したのみの説明が目立ちます。この製品のみならず、他のカテゴリーの製品でも機械翻訳による製品説明、「釣り」「サクラ」のレビューコメントが散見されるのですが、逆に購入を検討している方に怪しさを提供しているように思います。

 

▲Fire TV Stickの稼働に必要な電力は確認できなかったのですが、こちらの製品は「900ミリアンペアを持っているテレビのUSBポートが必要です」との記載があります。

Amazonレビューを拝見すると、一部の「釣り」のコメント以外は、悲しいほどに使えないとのコメントばかりです。

 

▲こちらがやや期待の製品。1,980円と高価なためか(ただし、Amazon USAでは19.99ドルで販売しており、価格差がないのは良心的)、日本のAmazonでのレビューコメントはないのですが、製品説明とパッケージがしっかりしているうえに、先述のとおりAmazon USAのレビューも355件と多く「怪しいながらも使えた」とのコメントが多いような感覚です。

参考までに、Amazon USAサイトのリンクを貼っておきます。ただし、重ねて記載しますが、購入をおすすめするものではなく、参考までの情報です。

まとめ

何度も重ねて記載しますが、Fire TV StickがUSBバスパワーで稼働することについて疑問に思いつつも興味本位の記事であり、おすすめする製品ではありません。

ただし、上記の3製品はAmazon USAで「使用できた」とのコメントも多いために特に興味をそそられ、人柱として購入したくなってしまいます。

コメント