Fire TVで利用できる、キーボードのショートカットのまとめ

Fire TV、Fire TV Stickでのキーボードの使用感はいかがなものか。以下の過去記事にて、テキスト入力、リモコン替わりとしての使用感を掲載していますが、今回あらためて、Fire TV 2017モデルを利用し、キーボードのショートカットキーが機能するものか確認してみました。

関連記事

Fire TV StickへのBluetoothキーボード、マウスの接続方法と使用感

Fire TVでのマウス・キーボードの使用感をSilkブラウザで確認してみた

スポンサーリンク

使用したキーボード

キーボードのショートカットキーのFire TVでの使用可否の確認にあたり、私は以下のBluetooth キーボードを使用しました。

▼iBUFFALO BSKBB24

以前は二千円台半ばで購入できたのですが、旧製品であり在庫が少なくなっているためか、高めの価格設定となっているようです。

このBSKBB24は英語キーボードとなり、Windows / Android / iOSともに利用できますが、私はiPadでの利用を主目的に購入したものです。

▼ロジクール K380

コンパクトなサイズに、マルチペアリングに対応していることが特徴。3台の端末をワンタッチで切り替えて利用できます。

▼上段に並んだショートカットキー。3つめの横にあるのがホームキー

Fire TVで利用できたショートカットキー

下表は実際に利用できたショートカットキーのみを掲載しています。全てを確認していませんので、確認できた時点で追加します。なお、英数・かなの切替は「Shift + スペース」で対応できました

特に便利なキー、留意すべきキーは以下のとおりです。

  • 「ホーム」キーは、iOS向けに設定されたキーです。Windows向けをメインとしたキーボードには装備されていませんが、iPadと同様にFire TVでもホームキーの押下でホームに戻ることができます。ただし、反応は僅かながらに遅延気味。
  • 上下・左右キーでは項目間移動ができますが、この動きは俊敏です。純正リモコンの硬めの円形ボタンよりも快適と思えるほど。
  • 「前のトラック」「次のトラック」のキーは、BSKBB24ではコマ送り・コマ戻しのみ機能したものの、K380では早送り・早戻しが可能です。
  • Tabキーでの項目間移動は、上下・左右キーと同様に快適に操作できます。
  • 音量大小キーはさすがに機能しませんでした。純正リモコンでも音量は操作できないため、これは仕方がないですね。

まとめ

キーボードのショートカットキーでもFire TVを快適に操作できることを、あらためて認識しました。多くのテレビのリモコンでもFire TVを操作できるため、キーボードをリモコン替わりに使用する必要性もないかもしれませんが、キーボードのタイピングを多用する際には何かと便利です。Bluetoothキーボードをお持ちの方は是非お試しくださいませ。

関連記事

Fire TV StickへのBluetoothキーボード、マウスの接続方法と使用感

Fire TVでのマウス・キーボードの使用感をSilkブラウザで確認してみた

Fire TVでのマウス利用、20のアプリ他で使用可否を試してみた

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事