読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

レヴォーグ、自転車を車載可能であることを確認してみた

クルマ クルマ-レヴォーグ
ブログに記載するほどのことではないのですが、子供の自転車がパンク(パンクと思いきや、ただ空気が抜けているだけでした)したとのこと。
歩いて行ける範囲には自転車屋がないために、初めてレヴォーグに自転車を載せてみました。前々車のレガシィでも車載可能であったはず(あまり記憶にありません)ですので、レヴォーグでも車載可能であることは予想していましたが、あらためて検証です。

レヴォーグに自転車は車載可能か

同じスバルのステーションワゴンでも、以前に乗っていたレガシィ(BG5)よりも、荷室がやや狭く感じるレヴォーグのため、やや不安であったものの、 試してみたところ、ギリギリであるものの自転車の車載は可能。ただし、どの車でも同様ですが、バンパーにキズが付かないよう毛布・タオルケットなどでの養生は必要です。

 

ちなみに車載した自転車は、27インチのいわゆるママチャリです。車載はできるものの、下記のとおり以外と苦労します。また、27インチ以上(29インチまであるようです)の場合は無理かと思います。
  • ハンドル部分が、荷室奥のサイドにあたり、角度に注意して入れないとスムーズに積むことができない。
  • 駐輪スタンドは、写真のように立てた状態にしないと、リアゲートに当たってしまいます。
 
▼写真では余裕があるように見えますが、ハンドル部分の高さが邪魔をし、かなりギリギリです。大人一人でも2・3分で積み込み可能ですが、サイドにバコバコ当たるため、できれば載せたくない、特に夏の暑い日にはイヤですね。

f:id:kminebg1110:20150802131347j:image

▼別の角度から。
f:id:kminebg1110:20150802131442j:image
 
レヴォーグの前車はトヨタ・ノアでしたが、ノアと比較すると、かなり載せにくいですね。ワンボックスとステーションワゴンを比較すること自体に無理があるのですが、このあたりの利便性では、やはりワンボックスが大きくリードします。