読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに殴り書き

日々感じたことを、気ままに書き記す予定でしたが。。。

レヴォーグ、納車後1年の再レビューです

クルマ クルマ-レヴォーグ

はやいもので、この10月でレヴォーグの納車から1年となります。2・3ヶ月前に納車したばかりのような感覚なのですが、もしかして、私はコペン乗りがメインであり、レヴォーグにはあまり乗っていない(家内が主に乗っている)ためかもです。

納車後1年ということで、1年乗っての感想・レビューをあらためて掲載します。

その前に私のレヴォーグは以下のとおりです。

 

 (グレード・色)

  • 1.6GT EyeSight、ギャラクシーブル-

 

(オプション)

  1. パナソニック ビルトインSDナビ
  2. ETC,リヤビューカメラ
  3. ステアリングオーディオリモコン
  4. LEDロービームランプ
  5. 運転席&助手席パワーシート
  6. オールウェザーパック
  7. ウェルカムライティング

 

では、価格.COMの分類を借りて簡易レビューです。

 

スポンサーリンク

 

 

エクステリア

見慣れたせいでしょうか。ガンダムチックな顔立ちが好きなことには変わりませんが、レヴォーグ、S4、WRX STIともほぼ同じ顔立ちであり、スバルのなかでは個性に乏しいような感覚です。また、こちらはスポイラーをつければよいことですが、フロントバンパーと地上との間隔がやや広く、ここがあと数センチ縮まると、よりカッコよくなりそうです。

取り回し関連で言いますと、3ナンバーではあるものの、サイドが程よく「ボリュームを出すところは出す、絞るところは絞る」のデザイン(ここが好きです)のため、車庫入れがしやすいです。例えば、我が家のやや狭い駐車場で、5ナンバーのノアの場合には、頻繁にカーポートの柱にミラーをぶつけていたのですが、レヴォーグではそれがないです。おそらくミラーを開けた全幅では「レヴォーグ <ノア」となっていると思われます。

全般的にイヤなところはあまりないのですが、強いて言いますとMy レヴォーグ、選択したオプションの概要・簡易レビュー のとおり、何故かリヤの汚れが激しい点です。

※その他、サイドの「ウィンドウ下のメッキモールをブラックアウトするよ」と記載したきり、未だ実行できずでした。涼しくなってきたので近々に実施します。

 

我が家の車庫。前車ノアでは赤枠のカーポート支柱にミラーをよくぶつけていましたが、レヴォーグではそれがなく、車庫入れしやすいです。

 

インテリア

こちらも見慣れてしまったために、最初感じた高級感も感じなくなっていますが、敢えて「あと一歩」という点を記載すると以下となります。

  • インプレッサと共通とのことだが、差別化してほしかった。
  • 純正のパナソニックナビは、メモリー録音した楽曲の情報取得のため、スマホ接続、またSDカードに情報を保存しパソコン経由で情報更新する必要があり不便。
  • 家族の意見も借りると、もう少し小物入れが欲しい。前車ノアと比較すると、ワンボックスとステーションワゴンのカテゴリー・コンセプトの相違もあり、仕方ないのですが、収納スペースの差は歴然です。
  • 私的には、1.6GTにおいてもブースト表示が欲しかった。

 

エンジン性能・走行性能

購入した当初は、「現在のオプションを削り、2.0GTにすれば良かったかも」と思っていましたが、動力性能自体は1.6GTで十分であり、加速など不自由に感じたことはありません。

私は千葉に住んでいますが、都心・千葉の車間の狭い交通量の激しい高速道路ではSモードにすると一気に車間距離が縮み怖いほどです。これが、2.0GTだったらどれほどのものか想像するだけで十分です。ただし、未だに都心以外の高速道路で2.0GTの加速も味わいたいとの思いもあります。

 

乗り心地

こちらについては、マイナス意見は何もありません。やや硬いとも思えますが、前車ノアのフワフワ感がイヤ(このためサスペンションを替えました)だったため、硬さを感じるレヴォーグが心地よいです。家族からも何の不満もありません。

 

燃費

千葉市内での街乗り燃費は7.5~10km/L、郊外で12km/L、高速で13~15km/Lほどです。発売当初は「燃費はいいよ」とのコメントがメディアで多数あったため、期待していたのですが、「ターボにしてはいいよ。四輪駆動にしてはいいよ」の意味だったと今では解釈しています。

 

その他、気になる点としては以下があります。

  • 先の記事のとおり、夏のレヴォーグは後席が暑い。後席にもエアコン吹き出し口が欲しかった。
  • こちらも先の記事のとおり、サイドステップが大きく張り出しているため、乗り降りする際に靴底などで傷つきやすい。
  • アフターパーツが程よく出揃ってくると思いきや、アフターパーツリリースの勢いがイマイチ。

 

▼こちらの記事もご参考