1万円台で購入可能、私が海外通販で物色中の 車載 オンダッシュ Android端末

Amazonで販売の中国製のAndroid ナビとしては、「ATOTO S8」が人気ですが(2021年10月4日時点)、家族が利用することを考慮すると、テザリングでの運用が前提でもあり、現在のメモリーナビ代替としての購入に踏み込めない私。そこで サブ運用の端末として物色しているのが、海外通販サイト「AliExpress」で販売の、コンパクトなオンダッシュのAndroid端末。

おすすめ云々は別にして、また、ドライブレコーダーや前後方カメラの機能面ではなく、Andorid端末として私が物色中の端末について記載します。

私がオンダッシュのAndroid端末を物色中の理由

現在の愛車「レヴォーグ」と「N-BOX」のカーナビとしては、現在利用中のメモリーナビを継続して使用する予定ですが、中古で購入したばかりの「N-BOX」に、タブレット車載を目論んでいる私。

メインサイト(Win And I Net)でタブレットのレビューも多く掲載しているため、タブレットの選択や設定はさておき、悩ましいのが車載のタブレットホルダー 。市販品や自作も含めて構想していますが、決め手に欠けるうえに、あれこれ試行していると、それなりの価格になってしまいます。

そこで同時に検討しているのが、中国製の安価でコンパクトな オンダッシュのAndroid 端末。ドライブレコダーやカメラの機能を求めるものではなく、Andorid 端末、簡易ナビとしての弄り目的です。

 

▼こちらは冒頭で記載の、売れ筋のAndorid ナビ「ATOTO S8」。中国製のAndroid ナビとしては高価ですが、8コアのCPUに、メモリ 3GB、ストレージ 32GBと、エントリークラスのタブレット並みのスペック(CPUはタブレットよりも劣っているはず)、デュアル Bluetooth と魅力満載の製品です。ただし、家族も利用することを考慮すると、他のAndroid ナビも含めて購入を躊躇ってしまいます。

物色中の安価なオンダッシュ Android 端末

商品を受領し、想定外の画面や機能でなくとも過度なショックを受けないよう、1万円台の製品を物色中です。2021年10月5日時点のこの価格帯では、概ね Android 8.1、メモリ 2GBとなっています。できれば、メモリは3GB超がよいのですが、価格を考慮すれば止むを得ず。また、車のスピーカーからの出力は、FMでの転送となり音質に期待薄なマイナスポイントもあります。

7インチ、RAM 2GB / ROM 16GB

7インチとなると スマホとサイズ的に大きく変わらず、できれば8インチ超がいいのですが、折りたたみ式で、デフォルトの電源がシガーソケットからの供給であることが大きなポイント。4G対応とありますが、後段の端末も含めて(技適との関係もありますし)4Gは未対応を捉え、スマホからのテザリング(ナビの地図は事前ダウンロードのオフライン)での運用を想定しています。

 

▼インターフェースは大きくタッチしやすい。

 

▼もちろん Google Play対応。ピュアなAndroid端末のため、日本語にも対応しています。

 

▼高さは私がメイン利用のスマホ iPhone 12 Pro Maxと同程度の80mm

▲AVインはあるものの、音声出力の記載がありません。他の製品も同様ですが、ナビなどへのケーブル経由の音声出力ではなく、FMでの転送(一般的には音質がよくない)であることが惜しい。

 

▼カメラの高さ調整式、ディスプレイが折りたたみ式であることによるコンパクトさが、私が惹かれる最大のポイント。

 

▼SDカードが付属しない、最小構成の価格は 12,316円(円換算は為替レートにより変動)。送料無料の場合の納期は注文から3週間程度

AliExpress、販売ページ

 

▼こちらはデザインは異なりますが、8インチの製品。RAM 2GB / ROM 32GB、SD カード 32GB、バックカメラなし版の価格は 13,823円

 

AliExpress、販売ページ

10.26インチ、RAM 2GB / ROM 32GB

こちらは 10.26インチの大きなディスプレイに、メモリ 2GB、ストレージ 32GBの製品です。製品紹介では、解像度 1600 x 600とあり、この類の製品としては高解像度であることもポイントの一つ。

上の画像は 嵌め込みで実機よりも大きいと思えるものの、オンダッシュでは視界を遮ってしまうことへの懸念があります。

 

▼24 x 9.5cmと大柄なため、アプリアイコンのレイアウトは二段。Android 8.1ベースですが、もちろん 画面は日本語に対応、Google Playも利用できます。

 

▼折りたたみ式ではありませんが、スタンドを見ると角度調整式。

 

▼SDカード 32GBとのセット価格は 16,860円。以下の販売ページはイメージ画像が少ないのですが、こちらのページではより多くの情報が掲載されています。

AliExpress、販売ページ

まとめ

おすすめ云々は別にして、私がサブ運用目的として物色中の車載 オンダッシュのAndroid端末の紹介でした。2製品のみの紹介となりましたが、数千円の端末から BMW向けの3〜4万円で8コアの端末まで、AliExpressでは日本国内の通販では流通していない 多くの製品が販売されており、見ているのみでも楽しいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました