ワイヤレス充電対応の車載ホルダーが800円台より。海外通販サイトでの販売事例

スマホのワイヤレス充電に対応した車載ホルダーは、Amazonなどにて多数販売されていますが、価格は高めで同種の製品が多いように感じます。そこで参照いただきたいのが、中国系の海外通販サイト。国内通販サイトで販売している製品もオリジナルは中国製が多いだけに、海外通販サイトでの価格は安く、また、日本では販売していないようなデザインのものも販売されています。

今回はこれらの海外通販サイトで販売されている、ワイヤレス充電に対応した車載ホルダーの一部をピックアップしてみました。

Amazonでの製品事例

まずはAmazonで人気の製品の確認です。2019年6月30日現在にて、レビュー数が多い製品の事例は以下となっています。2019年にリリースの製品では、スマホを近づけるとホルダーが閉まる自動開閉付きか否かが、価格を分ける大きなポイントか。

 

▲以下の付加機能があり、3,580円の価格も納得感のある製品です。文言はAmazonからの引用です。

  • 赤外線センサーによる自動開閉。スマホや手をホルダー近づけると、内蔵の赤外線センサーが反応し、ホルダーのアームが自動的に開き、設置が完了すると自動でアームが閉まる機能付き。Amazonでは動画もありますが、これは便利です。
  • ホルダーは360度回転
  • アロマの香りを放出するアロマケース付き。冷却ファンあり。

 

▲こちらはエアコン吹き出し口に装着するタイプのためにコンパクト。ホルダーの開閉は自動ではなく、ワンタッチ式。上記の製品と比較すると。自動開閉機能がないために2,980円の価格はやや割高に感じます。ただし、同製品?とも思えるものが、2,480円となっている事例もあります。

 

海外通販サイトでの製品事例

海外通販サイトの製品事例として、車用品も多く扱っているAliExpressから抽出していますが、海外からの発送となるために受領まで2~3週間要することに留意ください。なお、全般的に、製品説明においてはAmazonよりもAliExpressがより丁寧であり、取付方法の動画も多数あります。

とにかく安価

なんと、811円と激安です。激安の割には360度回転、 iPhone XS Maxなどのスマホに応じた製品の選択、半自動での開閉と機能的には Amazonの2,000円台の製品と大差ありません。なお、写真のとおり エアコン吹き出し口に装着するタイプです。

800円台の製品はさすがに多くないのですが、2,000円未満の製品が多数あることも、中国系通販サイトの大きなメリット。

 

 

取付方法は3通り

上記の製品の3倍ほどの価格となりますが、取付方法は付属のジョイントなどの組み合わせにより、ダッシュボード、フロントガラス、エアコン吹き出し口と3通り。自動開閉が否かは明確に読み取れないですが、少なくともワンタッチ開閉です。取付方法の動画もあります。ただし、概ねどの製品も同様かと思いますが、各パーツはプラスチック感の漂うものです。

 

▼送料無料の2,404円

 

Xiaomi製

パソコン・スマホ・タブレットにその他家電と、多くの魅力的な製品をリリースしている中国の巨人 Xiaomiの製品です。3,824円と高価ですが、LEDリング、自動開閉機構とXiaomiらしい製品。特徴の一つである20Wの高速充電は、Xiaomi Mi 9などのXiaomiのハイエンドスマホでの使用に限定されるため、やや割高感あり(ただし、シガーソケット付き)。

レビュー数 382件にして 5段階中 4.9の評価と上々。別途送料が115円かかります。

 

 

ドリンクホルダータイプ

車種やドリンクホルダーのサイズを選ぶかもしれませんが、日本ではあまり見かけないドリンクホルダータイプです。スマホを助手席に無造作に置くのなら、このドリンクホルダータイプもありですね。以下の製品は、iPhone XS Maxのサイズにも対応、シガーソケット付きです。

 

▼送料は別途114円の2,151円

まとめ

中国系の通販サイト AliExpressで販売の、ワイヤレス充電に対応した車載ホルダーの事例として4製品のみ、しかもポイントのみの紹介でした。納期に日数を要することと、注文のしやすさを考慮すると、やはりAmazonや楽天市場などの国内通販サイトからの購入が妥当ですが、海外通販サイトの製品は見ているのみでも楽しいものです。

 

▼AliExpressのワイヤレス充電・車載ホルダーの一覧です。

AliExpress

 

AliExpressでの購入手続きを実際の購入にあわせ 画像で概説
海外製の商品を購入した場合、Amazon・楽天市場などの国内製品では周辺機器が流通していない、あるいは異様に価格が高いことがあります。そのような場合に利用したいのが海外通販サイト。私はGearbest・Geekbuyingなどを頻繁に参照し

 

コメント