Echo DotをFire タブレットにBluetooth接続する方法と、外部スピーカーとしての使用感

先日、Echo DotをFire TV StickにBluetooth接続する手順を記載しましたが、今回はFire タブレットとEcho Dot 第3世代をBluetooth接続し、Echo Dotを外部スピーカーとして利用してみましたので、接続方法と使用感を記載します。

Fire 7をEcho Dotと接続したのですが、Fire 7のスピーカーよりはよいものの、Fire 7のサウンドチップによるものか、音質・音量ともに期待値よりは低い結果となりました。

スポンサーリンク

Fire タブレットとEcho DotをBluetooth接続する手順

接続方法は以下で掲載のFire TV Stickの接続方法と同様に、スマホのAlexaアプリを起動し、Echo DotをBluetooth接続の待機状態とする必要があります。

Echo DotをFire TV Stickの外部スピーカーとして利用する方法と、映画視聴などの音質・使用感

スマホのAlexaアプリでの設定

以下のスクショはiPhoneのAlexaアプリですが、AndroidのAlexaアプリも同様です。

 

▼画面下の右端にある「デバイス」をタッチします。

 

▼右のアイコン「すべてのデバイス」をタッチします。

 

▼お使いのデバイス一覧で Echo Dotを選択します。

 

▼「Bluetoothデバイス」をタッチします。

 

順番は多少前後してもいいのですが、ここでFire タブレットにてBluetooth設定を行います。

Fire タブレットでのBluetooth設定

▼Fire タブレットの「設定」「接続デバイス」「接続の設定」「Bluetooth」へと移動し、「新しいデバイスとペアリング」をタッチします。

 

▼「使用可能なデバイス」より、Echo Dotを選択します。

 

▼スマホのAlexaアプリにて、「Fire Tablet」を選択します。

 

▼接続できました。Echo Dotから接続完了のアナウンスが流れます。

 

▼Echo Dotから音声が聞こえない場合には、「メディアの再生先」がEcho Dotとなっていることを確認します。

Echo Dot、外部スピーカーとしての使用感

Echo DotをFire TV Stickの外部スピーカーとして使用した場合には、環境音はやや弱いものの、ドラマの台詞などは迫力があるのですが、Fire タブレット(Fire 7)の場合には以下のとおり、常用は難しいような感覚です。これは、Fire 7のサウンドチップの影響と思われ、Fire HD 8 / Fire HD 10では見解が異なると思います。

  • 上記の手順ではサラリと記載しましたが、接続直後はEcho Dotから音声が出力できない状況もあり(Fire タブレット側の処理遅延か?)。
  • 全体的に、Echo Dotの音量をかなり上げないと音量不足。
  • ただし、Fire 7の音量よりも大きく、音質も良好。Fire 7では貧相は音質ですが、厚みが増した感じ。
  • Fire 7からEcho Dotまでの距離は30cmほどでしたが、動画の映像と音声の遅延はありません。

 

▼今回は第3世代のEcho Dotを接続しましたが、より音質・音量を求めるなら 第4世代がいいですね。

 

▲ちなみに、こちらの写真で使用しているスタンドは、Amazonで販売の以下の製品。安価ながらもアルミ製、スマホ2台の設置や、15.6インチのポータブルモニターのスタンドにも利用できる優れもの。

15.6型ポータブルモニターにぴったりマッチのモニタースタンド、aceyoon タブレット向けを流用してみた
持ち運びに便利で視認性のよい 15.6インチクラスのモバイルモニターですが、付属のスタンドでは高さを調整できないことに不便さを感じています。VESAに未対応でもあり、代替となるスタンドを探していたのですが、今回購入した「aceyoon タブ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました