Echo Dotが1,380円の追加出費で音質向上、USB給電のスピーカー Creative Pebbleの実機レビュー

Echo Dotの第3世代が販売となりかなり経過しましたが、私にとっては第2世代で十分。ただし、第3世代も同様かと思いますが、唯一 音質が貧相なことを除いては。そこで、以前から購入を検討していた 格安のスピーカー「クリエイティブ PEBBLE」を購入しましたので、簡易的にレビューします。

2020年1月13日時点のAmazon 価格は1,380円と安価な製品ですが、音質に疎い私でも、Echo Dotのスピーカーと比較すると、明らかにパワフルなことがわかります。私の場合、本来の目的はプロジェクターに接続しての利用ですが、プロジェクターも同様に付属のスピーカーとは明らかに異なります。

スポンサーリンク

購入した製品

購入した製品は以下のクリエイティブ・メディアのPEBBLE。サウンドバーも候補としていましたが、購入した理由は単純に安い割には評価が高いことに、小型でUSB給電に対応していること。

 

Amazonの製品情報から抜粋の、製品の特徴は以下となっています。

  1. AmazonのPCスピーカーカテゴリー2019売れ筋ランキング 1位 (2019/11/11時点)
  2. 電源アダプターが不要で、PCのUSBポートや、USBタイプのACアダプターから電源供給可能。
  3. コンパクトなボディながら、最大4.4Wの出力によりパワフルなステレオ サウンドを再生。
  4. スピーカー背面に大型のパッシブ ラジエーターを備え、重低音の効いた奥行きのあるサウンドを再生。
  5. スピーカー ドライバーを45°の上向きに配置し、パーソナル リスニングに適したサウンド ステージを実現。

 

1,380円と安価な製品に質感を求めるものではありませんが、前面の艶あり塗装に音量ダイヤルもポイントの一つ。

 

▲購入時に迷った製品がこちらのサウンドバー。同じくUSB給電であることに、デザインに優れていることに惹かれますが、私の場合、以下のコンパクトなプロジェクターにFire TV Stickを接続し天井に投影、枕元にスピーカーを配置することも目的の一つだったために、左右に分離した「クリエイティブ PEBBLE」に決定。

 

▲▼プロジェクターのレビュー記事はこちら。こちらのプロジェクターの音量は小さいため、購入したスピーカーはかなり重宝しています。

実機レビュー、スマホのミラーリング可能なミニプロジェクター「AUN X3」。10cmのコンパクトさでバッテリーも内蔵、明るさも十分
最近、プロジェクターに凝りだしつつある私ですが、huluやNetflixの海外ドラマや映画、YouTubeを80~100インチの大画面で視聴すると迫力満点で、ガジェットに疎い家族も大絶賛です。そこで今回、Android、iPhone、タブレ

 

Echo Dotと組み合わせた音質はいかに

音質に疎い私ですので、感覚的なコメントとなりますが、スピーカー本体も含めた使用感、Echo Dotと組み合わせた音質のコメントは以下です。

  • 高温・低温ともに、Echo Dotのスピーカーとは比較にならず。
  • 安価なEcho Dotに高価なスピーカーでは、価格的にバランスがわるくなるため、安価なPEBBLEで十分。
  • ただし、高音の伸びが今一つのような感覚もあります。
  • やはり、コンセントいらずのUSB給電は便利以上に、ケーブル類が煩雑とならずによいものです。
  • 接続する機器を切り替えた場合など、左右どちらかのスピーカーから音声が出力されないこともあり。この場合には、ケーブルを抜き差しすることで復旧。

 

▲▼こちらは以下の記事でレビューのプロジェクターとの組み合わせ。この組み合わせも、プロジェクターのスピーカーと比較するとパワフルです。

Fire TV Stick 4Kモデルを2,500円オフで追加購入。1人1台よりも1接続1台で使い分け予定
Amazonのサイバーマンデーセールにて、Fire TV Stick 4Kモデルが2,500円オフの4,480円で販売されていますが、2,000円オフの2,980円となるFire TV Stick 通常版と悩んだ結果、4Kモデルを購...

まとめ

1,380円と格安なスピーカーですが、Echo Dotや安価なプロジェクターとの組み合わせでは、スピーカーの音量・音質ともに明らかに向上します。課題かもしれないことは、耐久性がいかがなものか。購入直後にもかかわらず、左右どちらかのスピーカーから音が出ない(ケーブルを抜き差しすることで復旧)現象があっただけに、少なからず懸念もあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました