YouTubeアプリの代替にTube Player for YouTubeを試してみた。Fire TV全機種対応でブラウザ経由と同様の使用感

2017年末にてサービス終了となった、Fire TV機器のYouTubeアプリですが、複数の代替アプリがリリースされています。おそらくはブラウザへのショートカットかと思われますが、今回は「Tube Player for YouTube」を試してみました。2018年3月に試した「vTube for YouTube」は、Fire TV Stick 旧型には未対応だったのですが、この「Tube Player for YouTube」はFire TV Stick 新旧型、Fire TV 2017ともに対応しています。

関連記事

Fire TV 2017でYouTubeアプリの代替にvTube for YouTubeを試してみた。YouTubeアプリと同じ使用感で即アクセス、音声のズレなどなし

スポンサーリンク

Tube Player for YouTubeのインストールと使用感

結論から言いますと、冷却対応の弱いFire TV Stick 旧型では設定画面で2回操作して2回ともフリーズしたものの、動画視聴は普通に使え、Fire TV 2017ではフリーズすることなく、2017年末まで機能していたYouTubeアプリと同様に使用できます。

Fire TV Stick 新型では試していませんが、その冷却対応は旧型より格段に優れているため、熱暴走によりフリーズすることなく使用できるでしょう。

Fire TVに冷却対応は必要か。内部ヒートシンクを確認したうえでの私の判断(Fire TV 2017,Stick 新旧型毎の判断)
暑い日が続きますが、このように暑くなると Fire TV / Fire TV Stickを使用する際に気になるのが冷却対応。私はFire TV Stick 旧型 / 新型、Fire TV 2017モデルを所有していますが、F...

 

▼まずはアプリをインストール。

Amazonサイトへのリンクですが、パソコンのAmazonサイトからFire TV Stick、Fire TVへ配信できます。

 

▼かつてのYouTubeアプリ、Silkブラウザ経由のYouTubeサイトと何ら変わらないホーム画面。他の画面も同様に同じ構成です。同じ構成であるため、この「Tube Player for YouTube」はYouTubeサイトへのショートカットだと推察。

▲▼ポイントのみですが、Fire TV 2017での使用感は以下。

  • 初回起動時はやや時間がかかるものの、各画面遷移にイラっとするようなモタツキはありません。
  • 画面遷移は速くはないのですが、他のFire TVアプリと同様のレスポンスです。
  • もちろん、動画視聴時には全画面表示となり、リモコンの早送りなども機能します。
  • 動画と音声とのズレはないようです。

 

▼英数・かな切替も含め、以下の検索画面やログイン画面も普通に使えます。

 

▼がしかし、Fire TV Stick 旧型では、例えば以下の設定画面でフリーズし、強制的に再起動となること2回。2回操作し2回とも再起動であったため、スペックの低い旧型では負荷がかかっているのか、本体はかなり熱を帯びています。

まとめ

Fire TV Stick 旧型の設定画面ではフリーズし強制的に再起動となったものの(Fire TV 2017では問題なし、Fire TV Stick 新型は試さず)、メインとなる動画視聴では普通に使える「Tube Player for YouTube」。YouTubeの代替としては十分です。

以前試した「vTube for YouTube」も画面構成・機能としては同じなのですが、「Tube Player for YouTube」はFire TV Stick 旧型へのインストールできるため一歩リードか。ただし、「vTube for YouTube」はFire TV Stick 旧型では負荷がかかることを認識していたために、インストール対象外としているとも言えます。

コメント