コペン L880K、Amazonで探した 納車15年目にして欲しいパーツ 15選

2005年6月に納車し、まもなく15年目に突入する我が家のコペン L880K。納車当時は30歳台半ばの私もアラフィフ世代。私とともに、コペンの内装・外装もくたびれてきています。そこで小遣い程度でも購入できる、魅力的な内外装パーツはないものかとAmazonをのそいてみると、いまだに多くのパーツが販売されています。そこで今回は私が欲しい、小遣いでも買えそうな3万円未満のパーツを集めてみました。

コペン L880Kの3万円未満の魅力的なパーツ

Amazonにて「コペン L880K」で検索すると、抽出結果は4,000件以上。既に旧車となって久しいL880Kですが、まだまだパーツは多く流通しています。

今、コペンに最も欲しいパーツはAndroidナビなのですが、そちらの記事は別途として、以下はL880Kの専用パーツです。

 

▲私は既に装着していますが、Amazonにて上位でヒットするのがD-SPORTのエアフィルター。純正のエアクリーナーBoxに大穴を開け空流効果を高めると、運転中にヒューヒューと風切り音が聞こえ、その気にさせてくれます。

なお、当エアフィルターを導入・エアクリーナーBoxの加工を行っても、体感できるほどの効果があるか否かは微妙なところです。

コペン、費用対効果抜群の純正エアクリナーボックスの加工
既に様々なサイト・ブログにて掲載されており、私も以下の記事のとおり加工済ですが、あらためて「純正エアクリナーボックス(エアクリBOX)の加工」手順のレポートです。純正エアクリBOXは、いわゆる「象の鼻」と揶揄される非常に小さな空気吸...

 

▲私はD-SPORTの単なるブルーミラーを装着しているのですが、いつの間にかL880K/LA400K共用のウィンカーミラーが販売されていたのですね。懐に余裕がある場合に欲しい商品です。

それにしても、私が購入したブルーミラーは14年近くも使用しているのですが、いまだに剥がれることなく踏ん張っており、剥がれる気配さえありません。

 

▲アラフィフの私としてはフルエアロを組むのも気が引けるため、これぐらいのシンプルさがほどよいイメージ。塗装すると3万円を超えますが、あえて黒ゲルコートのまま装着する手段もあります。我が家の場合、私がかつてレガシィ・ノアで運転しづらいほどにエアロを装着していたために、家族からはエアロ装着禁止令が出ているのですが。。。

 

▲「いつかは自作を」と思いつつ10年以上経過。シートベルトガイドがあれば、シートベルトの滑りがわるいことによる、首がしまりそうになることもなくなります。前方の左右の視界を確認しようと体を前に出したところでシートベルトが首にひっかかり、息苦しい思いをしたことが何度かあります。

 

▲こちらも自作しようと思いつつも、手をつてけていないラジエタークーリングパネル。「みんカラ」などで自作レポートが多数ありますね。効能よりもむしろエンジンルーム内の見た目の効果が大きいような感覚です。

 

▲サビだらけのブレーキ部ですが、ドラムカバーがあればサビ隠しと見た目の双方に効果があります。鏡面ポリッシュなので、私のグリーンのコペンへのマッチングもよさそう。

 

▲私の古いナビにはHDMIポートすらないのですが、現在購入を検討しているAndroidナビを装着した際には間違いなく、こちらのパネルを購入することとなるでしょう。

 

▲既にヨレヨレ状態の我が家のコペンのフロアマット。私の1st アニバーサリーエディチョン・タンカラーのレザーシートには、やはりチェックのブラック×ホワイト。カロのフロアマットは2万円台と高価ですが、機能的にもこちらで十分。

 

▲フロアマットをチェックのブラック×ホワイトとした場合には、リアも同色系でそろえたいところ。ご存知 テイクオフの製品となり高め かつAmazonでは在庫切れですが、他で探してみるのもあり。

 

▲コペンのバッテリーと言えば、パナソニックのカオス。私は2016年12月に2回目のカオスに交換したのですが、そろそろ限界に近づいており、次回もまたカオスで間違いなし。なお、上記の製品は私が購入した型番の後継かと思いますが、適合は念のためご確認ください。

コペン(L880K)、バッテリーに再びコスパに優れたカオスを投入
先の記事「ジャンプスターター、車のバッテリー上がり、スマホの充電もできる優れもの」のとおり、コペン(L880K)のバッテリー上がり・バッテリーの劣化に対応すべく、本日バッテリー交換を行いました。交換したバッテリーは、コペン乗りでは定...

 

▲上記のとおり、私のコペンはタンカラーのレザーシートですが、ほとんどメンテしていないために部分的に本革がひからびています。こちらのシートカバーは価格も安くてよいのですが、タンレザーの代替にブラックはいかがなものか。悩みどころです。他にも安くてよい製品がありますが。

 

▲なんと、Amazonで純正の中古のタンレザーシート(助手席)も販売しています。純正レカロも販売しており、中古ならAmazonでなくてもよいのですが、中古のレカロを狙う手段もありますね。

なお、内装・外装ともにAmazonではコペンの中古パーツも大量に出回っており、例えばインテリアパネル・エアコンパネルなど、格安な中古を入手しカスタマイズするのも得策。

 

▲コペン L880K ATのシフトノブの取付サイズは「M8×ピッチ1.25」。上のサイズはピッタリとマッチします。ATシフト周りの照明がないL880Kだけに、このLED付きはいいですね。

▽私のコペンの現在のシフトノブはこちら

コペン L880K ATに適合するシフトノブを探してみた
コペン(L880K)ATを購入の2005年から、手をつけていないインテリア。そんななかでも交換したものはシフトノブ。いつ替えたかも記憶もなく、気分転換のためにも交換したいと思う今日この頃。今回はコペンに取付可能なシフトノブの状況を探ってみました。

 

▲マツダ車用を流用・要加工となりますが、エアコンダイヤルにおいては Amazonレビュー 5件のうち4件がコペン L880K乗りです。マッチングも上々ですが、私としては以下のオーディオダイヤル流用が好み。

コペン、夜間照明もバッチリのアルミ調エアコンダイヤルDIY
「みんカラ」のバーツレビュー・整備手帳で既出のDIYですが、「みんカラ」を参考にエアコンダイヤルをアルミ調にしてみました。 まずは完成写真です。何と材料費はツマミ462円(154円×3個)、ツマミの送料480円(送料のほうが高い!)、...

 

コメント