Fire TV、アプリ一覧からクラウドアプリアイコンを非表示にする方法

Fire TV機器の操作にて、もどかしさを感じる一つとして、起動したいアプリを探しにくいことがあります。

「マイアプリ&ゲーム」にアプリの一覧が表示されますが、クラウドアプリのアイコンがてんこ盛り状態。今回は基本設定となりますが、メニュー一覧にてクラウドアプリを非表示にする方法について記載します。

 

スポンサーリンク

クラウドアプリのプレ表示の状況

まずはデフォルトでの「マイアプリ&ゲーム」の見え方の確認です。

自分でインストールしたアプリのみの表示であればよいのですが、多くのクラウドアプリ(アイコン右上に雲のマークがあるもの)が表示されています。

リモコンのオプションボタンにより表示されるメニュー(画像右下)の「移動」により、最後尾などの任意の場所に移動もできるのですが、使用する可能性のないものなら「クラウドから削除」により削除することもできます。例えば、画像中央にある、AmazonのApp Testerは、プログラマー・アプリ開発者以外は使用することがないはずであり、削除でもよいかと思います。

ただし、少しでも使用する可能性のあるアプリなら、削除ではなく非表示にしたいもの。この非表示にする方法は、後段のとおり「設定」の「アプリ」に組み込まれいます。

 

▼クラウドアプリはデフォルトで表示されているのですが、利用する際にはダウンロード・インストールする必要があります。言わば、Amazonのおすすめアプリのインストールのショートカットのような位置付けです。

 

クラウドアプリのアイコンを非表示にする方法

方法と記載しましたが、設定を探ると見つかる簡単な方法であり、数回のリモコン操作で対応できる簡単設定です。

 

▼「設定」「アプリケーション」の「アプリストア」を選択します。

 

▼初期設定では、「クラウドアプリを非表示にする」がオフになっていますが、これをオンにして完了です。

 

▼以下のとおり「クラウドアプリ」のアイコンが非表示になり、スッキリしました。さらに、よく使うアプリ順に変更する場合には、リモコンのオプションボタンを押し表示されるメニューで「移動」を選択し任意の場所に移動することができます。

まとめ

スマホ・タブレットと比較すると、動きのもっさりしているFire TV機器ですが、設定・メニューを可能な限りスッキリさせて、画面の移動を少なくしたいものです。今回のクラウドアプリのアイコンを非表示にすることは、もっさり感に大きな影響を与えるものではないのですが、簡単に設定できるため、お試しくださいませ。

 

▼「もっさり感解消」に関連し、Wifiが不安定な場合には、以下の有線LANアダプターもおすすめです。ただし、Fire TV / Fire TV Stickの2017モデルに限定となります(Fire TV Stickの旧型には使用できません)。

コメント