Fire TV Stick 初代、無印、4Kモデルなど、実機4製品を使用してわかった体感レスポンスのと安定性の相違

我が家では、Fire TV Stick 初代、Fire TV 2017モデル、Fire TV Stick 無印、Fire TV Stick 4Kと4台のFire TV機器を所有し、うち 3台を家族それぞれで運用しています。そこで今回、それぞれの体感レスポンスを整理してみました。7月11日まで、AmazonではFire TV Stickの無印が在庫一掃セールとも思える 2,000円オフで販売していますが、4K動画を視聴しない場合、あるいは安定性も考慮すると無印版でも十分との判断です。

関連記事

Fire TV Stick 歴代モデルのスペック比較と4Kモデルへの買替判断

スポンサーリンク

Fire TV Stick(販売終了)

現在(2020年7月4日)では販売していないモデルですが、こちらを使用中の方は買替をおすすめします。冷却対応が弱く、未使用時でも本体がかなりの熱(触るのも嫌になるほど)を帯びます。このため、上の画像のヒートシンクは大げさにしても、ヒートシンクを取り付ける必要があり、CPUも非力なため、レスポンスはかなりカクカクとしたものです。Fire TV Stick 2015モデル、もしくは、Fire TV Stick 4Kと比較すると、iPhone XS Max vs iPhone 4S程度のレスポンスの相違があり、Fire TV Stick 初代とFire TV Stick 4Kの双方を使い比べた大学生の息子が、そのレスポンスの相違(初代の遅さ)に愕然としたほど。

Fire TV Stickが高温でフリーズ、巨大なヒートシンク2個取付で効果あり
先日、Fire TV Stick 旧型を初期化した際に本体が高温になり、初期化中にまさかのフリーズすること2回。本体を触ろうにも、暑すぎて数秒も触ることのできない状態であったため、大きなヒートシンクを取り付けてみました。 ...

Fire TV 2017モデル(販売終了)

販売終了となったFire TV 2017モデルですが、もし現行販売されていたならイチオシのモデルがこちら。現行のFire TV Stick 4Kと同じく 4K対応で、レスポンスはStick 4Kと同等。そして最大のメリットが動作が安定していること。Stick 4Kよりもボディが大きいため冷却効果が優れている、あるいは搭載するチップなどの相違に起因しているも。

私が購入したStick 4Kは、使用後数日で起動ループを繰り返し無料で交換。Amazonのレビューを参照しても、不具合が他のモデルよりも多くなっています。Fire TV 2017モデルを購入して、2年半ほどになりますが、これまで不具合らしきものは全くありません。

Fire TV Stick 旧型からFire TV 2017モデルに買い替えて大正解。レスポンスの良さを感じる事例を紹介
Fire TV Stick 旧型のレスポンスが遅いことに我慢できず、ついにFire TV 2017モデルを購入しました。Fire TV Stick 新型は家族が使用しており、そのレスポンスが旧型よりよいことは認識済なのですが、さらな...

Fire TV Stcik 無印(現行販売)

2020年7月11日まで、2,000円オフの2,980円で販売しているモデルがこちら。現在、家内が使用していますが、特筆すべき事項はFire TV 2017モデルと同様にその安定性。発熱も少なく(ヒートシンクを装着する必要性もありません)、フリーズなどの現象も一切ありません。

レスポンスとしては、Fire TV 2017モデル、Stick 4Kに一歩及ばずですが、ホーム画面の遷移などで、ややモタツキがある程度で、Fire TV Stick 初代と比べると雲泥の差で快適です。Amazon プライムなどで4K動画の配信は多くないため、普通に使用するなら無印版でも十分です。

 

Fire TV Stickの枠を外し内部を確認、なんとヒートシンク付きで驚き
「Fire TV Stick 新型の熱対策にM.2 SSD用ヒートシンクをポン付け対応」にて記載しましたが、私はFire TV Stick 2017モデルにM.2 SSD用のヒートシンクを取り付けています。その取付の際に、Fire ...

Fire TV Stick 4K(現行販売)

レスポンスはFire TV 2017と同様によい Stick 4Kですが、安定した動作に不安があります。私が購入した製品が起動ループに陥り、無料交換したからこその偏見があるかもしれませんが、レビューを参照すると、初期不良も散見されるように思います。万一、初期不良があった場合にも、Amazonは神対応であったため、大きな問題にはならないと思いますが。

また、所有するFire TV 2017と同様に4K対応ですが、手元にあるテレビがいづれも4K対応ではなく、アプリで提供されている4K動画も限定的であるため、よりレスポンスを求める方以外は無印版で十分との判断です。

 

Fire TV Stick 4Kモデルのベンチマークを計測、第2世代、Fire TV 2017との体感レスポンスの簡易比較
Amazonのサイバーマンデーセールにて、昨晩 注文したFire TV Stick 4K モデルを本日の朝 8時頃に受領。「明日中にお届け」となっている場合でも、夜遅くの受領となったり、あるは2日後の到着となることもあるのですが、さ...
起動ループのFire TV Stick 4Kが無償交換に。チャットでの交換までの経緯を整理してみた。スムーズな通信で意外なほどに神対応
Fire TV Stick 4Kの購入後、2ヵ月で白い画面の起動ループに陥り、約2ヵ月間の放置後も(その間、Fire TV 2017モデルを使用)起動ループから復旧せず。そこで今回、Amazonのチャットを利用し、約10分間の状況の...

まとめ

現行販売品のうち、Fire TV CUBEを除き、販売終了となった初代 Fire TV StickとFire TV 2017モデルも含め、実機の体感レスポンスを簡単に整理してみました。

Fire TV 2017モデルが現在も販売されていたなら、そのレスポンスと安定性からベストの製品ですが、次点としてはFire TV Stickの無印版。私の購入したStick 4Kが起動ループとなった影響大ですが、Stick 4Kは安定性・耐久性に不安があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました