Fire TV StickにTVerがリリース。何度かフリーズするも、快適・快速な操作感

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年4月半ばに、ようやくFire TV Stick向けに「TVer」がリリースとなりました。私は2年前に、Android スマホ向けのTVerをFire TV Stickにインストールしたこともあり、なんとか動画を視聴できる状況だったのですが、さすがにFire OS専用アプリはスムーズに稼働します。

Fire TV Stickにインストールすると迷うことなく操作できるため、特筆事項もないのですが、Fire TV StickでTVerがしっかり動作することの報告です。

スポンサーリンク

TVerのインストール

冒頭の画像のとおり、2019年4月20日時点ではFire TV Stickのトップ画面にインストールのショートカットがあるため、インストールに戸惑うこともありません。

 

▼AmazonのWebサイトからFire TV Stickへの配信(インストール)も可能です。

 

▼途中、性別・生まれた年月・郵便番号などのアンケートがあり、これをスキップすることはできないのですが、当然ながらも難なくインストール完了。

TVerの使用感

Fire TV Stickの専用アプリとして万全を期してリリースされているため、バグなどないと思いきや、動画視聴のPR画面でフリーズすることもありました。ただし、全般的にはHulu、Netflix、dTVなどの動画配信アプリよりも動きはスムーズで快適

この快適さは、見逃し配信であり、また、配信対象のテレビ局も少なく、動画数も限定されるために動作が軽いこともあるでしょう。また、項目が少なめであることも、動作の軽さの要因であると思います。

使用感のポイントを簡潔に整理すると以下となります。

  • 起動、数少ない設定項目間の移動、番組の選択など、全般的にHulu、Netflix、dTVなどの動画配信アプリよりも動きはスムーズで快適。
  • 検索の速度も速いのですが、やはりFire TV Stickでは検索項目の入力がネックとなるのは他のアプリと同様です。
  • 早送り、早戻しも十分にスムーズ。
  • 起動直後に一瞬ぼやけた画像になるものの、その後の動作には影響なし。
  • 画像的には、テレビ放送よりも少しぼやけているように思うのは気のせいか?
  • 長時間試していないので一時的なバグの可能性もありますが、番組視聴中に突然 PR画面となり、そこでフリーズ。続きから再生となることが何度かありました。

 

▲検索結果の表示は速いのですが、やはりネックはFire TV Stick特有のテキスト入力の非効率さ。使用頻度が高い場合には、テキスト入力を効率化すべく以下のようなキーボードがあると便利です。

Fire TV Stickでミニキーボードをリモコン替わりと使用してみた。サクサクな動作で機能も十分
Fire TV Stickで以前から試してみたかったのが、Amazonなどで販売されているミニキーボードをFire TV Stickのリモコン替わりに使用すること。 多くの種類のミニキーボードが販売されていますが、1000...

 

▼番組一覧は曜日別になっていて使いやすい。

 

まとめ

2時間ほどの操作では、PR放映中にフリーズすることが何度かありましたが、全般的には動きはスムーズ。月額制のオンデマンドアプリよりも快適な感覚です。

私はテレビはほとんどみない(就寝前のニュースと大河ドラマぐらい)なのですが、このTVerのリリースにより、「情熱大陸」「ガイヤの夜明け」など、ドキュメンタリー系を中心に視聴する楽しみが増えそうです。

 

コメント