iPhoneからAndroidへのミラーリングを無料版 AirReceiverで試してみた

Fire TV Stickでのミラーリングに欠かせないアプリである「AirReceiver」。今回はGoogle Play向けにリリースされている無料版の「AirReceiverLite」により、iPhone / iPadの画面をAndroid スマホにミラーリングしてみました。Fire TV StickとAnroid スマホのスペックの相違からか、Fire TV Stickへのミラーリングよりもスムーズに遷移します。

 

関連記事

Android 7,8,9対応、スマホからFire TV Stickへミラーリングする手順

スポンサーリンク

インストールと初期設定

▼無料のLite版がリリースされているのは、Google PlayのAndroid向けのみ。Fire TV Stickでも使用できるFire OSのlite版があるとよいのですが。もしかすると、Android版をFire TV Stickにインストールして使えないかと微かに期待。

AirReceiverLite

AirReceiverLite
開発元:felix.long
無料
posted withアプリーチ

 

▼初期設定と言うほどでもないのですが、①のAirPlayを有効にし、②のDevice name (AirReceiverにより自動付与された、Androidの端末名)を確認するのみです。

 

▼お試し版であるため、「AirReceiverLiteを機能させるためには、フォアグラウンド(アクティブな状態)にする必要がある」とあります。AirReceiverLiteを起動した状態で、試してみる必要があります。

iPhone / iPadからAndroidへのミラーリング

では、iPhone / iPadからAndroidへのミラーリングの手順です。

 

▼コントロールパネルにて、「画面ミラーリング」をタッチします。

 

▼先ほどの、AirReceiverLiteの設定画面にて確認したデバイス名を選択します。

 

▼こちらは、iPhoneの画面をAndroidスマホへミラーリングした状態。

ホーム画面は横表示にならないため、Androidスマホでも縦表示のままです。横画面に対応したアプリでは、Androidスマホでも横画面になります。

 

▼こちらは、iPad miniの画面をAndroidスマホへミラーリングした状態。

 

▲▼こちらは実画像。ミラーリング先のディスプレイの色合いはそのままとなります。

 

全般的なレスポンスとしては、Fire TV Stickへのミラーリングよりも動きはスムーズ。Fire TV Stickでのぎこちない動きがより軽減され、画面表示の遅延はあるものの、Fire TV Stickほどの遅れはありません。ある程度、ミラーリング先のスペックに依存しているようです。

さて、このミラーリングを何に活かすべきか。ミラーリング先ではタッチ操作できないため、思い浮かぶのは、AndroidベースのTV Box使用時の、スマホからのミラーリングでしょうか。TV BoxにAirReceiverを導入し、iPhoneからのミラーリングが主な用途となりそうです。以下の記事にて紹介のTV Boxには、しっかりとAirPlay対応と明記があります。

約40ドルのAndroid端末、海外で人気のTV Box「N5 NOVA」の特徴。Miracast、AirPlayにも対応
Fire TV Stickが売れている日本では馴染みのないTV Boxですが、海外では多くの製品が販売されています。そのTV Boxのなかで、GearBestの担当さんによると、39.99ドルのTV Box「N5 NOVA」の売れ行きが好調

 

コメント