Fire TV、iOS 12のミラーリングもAirReceiver利用でわずか数秒で可能に

9月18日に配信開始となったiOS 12ですが、旧iPhoneでもレスポンスがよくなるとの公式アナウンスもあり、早速 iPhone 6をiOS 12にアップデートしてみると、画面遷移・スクロールなど確かになめらかになっています。そこで、Fire TV / Fire TV Stickへのミラーリングの可否はいかがなものかと、iPhone 6 / iOS 12で試してみました。有料アプリ「AirReceiver」を利用したものですが、結果としてはiOS 11と同様にほぼ瞬間的にミラーリングできることを確認しました。

 

関連記事

iPhone 6をiOS 12に更新、レスポンスを体感・ベンチマークで確認してみた

スポンサーリンク

AirReceiverの設定

当サイトで何度も記載しており、従来のiOS、Android、macOSの設定と何ら変わることはないのですが、再掲します。

 

▼305円の出費となりますが、このアプリ1つでiOS、Android、macOSも簡単にミラーリングできる「AirReceiver」の使用を前提としています。

▲▼Fire TV Stickでは設定にあるミラーリングの項目でも対応可能ですが、ミラーリングの項目のないFire TVでは必須のアプリとなります。

Fire TV、ミラーリング項目がないのはFire OSのバージョンの違いから。それでもミラーリングする方法は外部アプリの利用
当サイトへのアクセスされた方の検索キーワードとして「Fire TV ミラーリング項目 ない」があったのですが、確かに、Fire TV Stick 新旧型の設定画面にはミラーリングの項目があるものの、Fire TVにはありません。理論...

 

▼Amazonサイトから購入した場合、以下の画面にあるとおり、Fire TV Stickに配信できます。

 

▼Fire TV・Fire TV StickにてAirPlay&UPnPを起動し、先頭の「AirPlay」をオンにします。ちなみに、Android端末をミラーリングする場合には、3番目の「Google Cast」をオンにします。

 

以上にて、Fire TV・Fire TV Stick側の初期設定は完了ですが、しっかりと機能しているか気になる方は、Fire TV・Fire TV Stick側でのミラーリング待機状態を以下により確認できます。

 

▼「設定」「通知」を選択

 

▼以下の画像のとおり「AirReceiver is running」とあれば、ミラーリング待機状態です。

 

AirRecevierの設定は以下の記事でも記載しています。

Fire TV Stickでのミラーリングに便利なAirReceiverの設定方法
Fire TV Stickにて、iOS、MacOS、Androidのミラーリングに欠かせないアプリである「Air Receiver」。305円ほどの出費となりますが、複数のOSで使えるうえに、ミラーリングの操作も簡単。 今回は...

 

iPhoneでミラーリング開始

では、実際にiPhone側でミラーリングを開始しますが、簡単2ステップです。

 

▼コントロールパネルにある「画面ミラーリング」を選択します。

 

▼Fire TV・Fire TV StickにAirReceiverをインストールしたことにより、AFTMで始まるFire TV・Fire TV Stickの名称が表示されますので、これを選択します。

▲上の画像では2行表示されていますが、私の場合には接続するFire TV・Fire TV Stickが2台あることを示しています。

 

▼ミラーリングできている状態がこちら。上から二段目の「画面ミラーリング」の項目がミラーリングできていることを示しています。

 

まとめ

AirReceiverのインストール後の初期設定に数秒、iPhone側でのミラーリングオンに3秒ほどと、iOS 12でも簡単にできるiOS機器のミラーリング。iOS 12での動作確認済ですので、iOS 12にアップデートしたいけどミラーリングの可否が心配な方も、ためらわずiOS 12にアップデート可能です。

 

コメント