Fire TV Stick、iPhone Xs Max,iOS 12でも即ミラーリング可能なことを確認

ほぼ衝動買いのようにY!mobileからソフトバンクにMNPし、iPhone Xs Maxに機種変。早速 iPhone Xs Max・iOS 12にてFire TV / Fire TV Stickでのミラーリングを試してみたところ、難なくミラーリング可能であることを確認しました。

ミラーリングできるか否かは、iOSのバージョン・Fire OS・Amazon アプリによるものであり、他のiPhone/ iPadがミラーリングできていることにより、iPhone Xs Maxでもミラーリングできることは当然なのですが、参考までの報告です。

 

関連記事

Y!mobileからソフトバンクへのMNP完了。iPhone Xs Max、ギガモン50GBでの運用が月額4,738円に

スポンサーリンク

Fire TV Stick、iPhone Xs Maxでのミラーリング手順

iPhone Xs Maxでのミラーリング手順は、他のiPhone / iPadと同様であるため、Fire TV Stick側での設定は以下の記事を参照ください。

Fire TV、iOS 12のミラーリングもAirReceiver利用でわずか数秒で可能に

Fire TV Stickでのミラーリングに便利なAirReceiverの設定方法

 

上記のリンク先記事を参考に、Fire TV Stick側に以下のAirReceiverをインストールしているとの前提で、以降の手順を記載します。

Fire TV Stickの場合には、既存の設定にミラーリングの項目がありますが(Fire OSのバージョンの異なるFire TVには、ミラーリングの設定項目なし)、iOS・maxOS・Androidともに簡単にミラーリングできるAirReceiverを利用してのミラーリングが簡単です。

 

▼コントロールパネルの「画面ミラーリング」を選択すると右の画面が表示されます。AirReceiverで設定されたFire TV Stickの端末名が表示されますので、これを選択。

 

▼右の画面のように、「画面ミラーリング」の項目が白字に青文字になっているとミラーリングできています。

 

▼ミラーリングできていることがわかるよう、iPhone Xs MaxでYouTubeをミラーリングした際の画像が以下。上はYouTubeアプリの画像ですが「AirPlayに接続しました」と表示されています。

▲こちらはホーム画面。YouTubeのコントール項目とともに、上に小さく「iPhone → AFTN-36」とありますね。

まとめ

iPhone Xs Max以前の旧機種やiOS 12にてミラーリングできているために、当然の結果となるのですが、iPhone Xs Max・iOS 12でも簡単にミラーリング可能です。

スペックの高いiPhone Xs Maxですが、ミラーリング先のディスプレイでの画面の動きはiPhone 6などと変わらず、画面遷移はややぎこちないものです。スペックの高低とミラーリング先でのレスポンスに関連性はないのですが、動画が流れてしまえば画面遷移のぎこちなさも関係なく、スムーズに再生できています。

 

▼2018年10月15日追記。「ミラーリングできないけど、本当にできているの?」とのニュアンスの書き込みをいただいたので、再度 iPhone Xs Max・iOS 12でのミラーリングとわかるよう画像を貼り付けます。

アプリ「AirReceiver」を利用したものですが、上の画像でiOS 12であることは明らか、モデル MT6U2J/AはiPhoneXS Max 256GB スペースグレイであることを示し、下の縦長のスクショからもPhoneXS Maxであることは明確です。

 

コメント