Fire TV StickにChrome リモートデスクトップを試すも起動せず

Windows PCからFire TV Stickへのミラーリングにおいては、Windows 10のバージョンとの相性によるものか、できるPCとできないPCがあるようです。ならばと代替となる手段を探しているのですが、先日試したアプリ「spacedesk」もその一つ。

そして今回、Chromeのリモートデスクトップ(Google Play アプリ)を試してみましたが、見事に撃沈。Google Play アプリのインストールまではできるのですが、起動不可能な状態に。

できない報告となりますが、Fire TV StickでのChrome リモートデスクトップの導入失敗報告です。

 

関連記事

Fire TV、WindowsのミラーリングをAndroidアプリ「spacedesk」で試してみた。縦横表示のクリアで快適操作が可能

スポンサーリンク

インストールするも起動せず

上の画像はFire TV Stickのホーム画面ですが、リモートデスクトップのアプリアイコンがあります。結論的には、Google Playの同アプリのインストールはできたかのように見えますが、起動には「Google Play 開発者サービス」が必要となり起動せず。

 

以下はできない報告の経緯となります。参考まで。

 

▼PCにてapkpureサイトからリモートデスクトップのアプリケーションファイルをダウンロードし、WiFi経由でFire TV Stickのストレージへコピペ。ファイルを開くとインストール画面が表示されます。

 

▼容量の少ないアプリのため、インストールは即完了。「アプリがインストールされました」とあります。

 

▼ところが起動してみると、「Google Play 開発者サービスが必要だが、Fire TV Stickはサポート外」とあり起動できず。Fire TV StickでGoogle Play アプリを起動すること自体がサポート外なのですが、Gmailなど、開発者サービスを必要とすGoogle関連アプリの起動はやはり無理。

まとめ

試行錯誤している、Fire TV StickでのWindows 10のミラーリングですが、Google Play アプリのChrome リモートデスクトップの導入は失敗。以下の記事のとおり、AndroidやiOSでは立派に稼働する同アプリのため、Android ベースのFire OSでもいけるかもと微かな期待をいただいたものの、Google Play 開発者サービスを必要とするとあっては、これ以上の追求は困難。

次回は、同じくGoogle Play アプリの「Microsoft Remote Desktop」を試してみます。こちらはWindows 10 Proのみ対応となるため、ますます敷居が高くなるのですが。

 

関連記事

 

コメント