Fire TVで「YouTubeアプリが復活?」と思いきやWebへのリンク。機能はブラウザ経由と変わらず

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fire TVの「4Kコンテンツのアプリ」にラインナップされている「YouTube.com」のアプリ。「ようやく、YouTubeアプリの復活か?」と思いきや、単なるWebブラウザのYouTubeサイトへのショートカットでした。

記事とするほどの内容ではないのですが、私のように勘違いしている方がいらっしゃるかと思いますので、情報連携としての短編記事となります。

スポンサーリンク

YouTube.comアプリの位置づけ

今後、異なる展開となるかもしれませんが、2018年12月30日時点での情報です。上の画像のとおり、あるいは以下のAmazonサイトのとおり、Fire TVに「4Kコンテンツのアプリ」として「YouTube.com」のアプリがラインナップされています。

 

▲ただし、アプリを選択してみると上の画像のとおり、「これはTV用のウェブサイトにダイレクトリンクしたハイブリッドアプリとなります」との記載があります。

「ハイブリッドアプリ」というと響きがよいのですが、WebブラウザのYouTubeサイトにダイレクトにアクセスしている、つまりはショートカットのアプリに過ぎないことになります。

YouTubeサイトのショートカットがあることは効率的でよいのですが、結局は以下のYouTube視聴のための過去記事のアプリと同様の位置づけとなります。

 

 

機能的にはどのアプリ・ショートカットともに、行き着く先はWebでのYouTubeサイトとなりますので、どれを選んでも同じですね。

違いがあるとすれば、純粋なブラウザアプリの場合、Fire TV機器を再起動した際には、YouTubeのホーム画面ではなく、ブラウザのホーム画面へのアクセスとなることでしょうか。

 

▼YouTube.comから起動直後のYouTubeホーム画面。上記リンク先の他のアプリ・ショートカット経由と変わらず。

 

以上、私が「ようやく、YouTubeアプリの復活か?」と勘違いしたこともあり、参考までの情報連携でした。

コメント