Fire TV、容量不足の状況と容量確保のために行ったキャッシュ削除の手順

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fire TVにてESファイルマネージャーを開いてみると「空き容量不足」との警告が表示されています。大きなファイルのダウンロードや写真を多数保存した記憶もないため(不定期に削除済)、不思議に思っていたのですが、動画視聴関連のアプリのキャッシュを削除することで容量不足は無事に解決。

今回はFire TV / Fire TV Stickの空き容量不足の状況と、空き容量不足の解消のためキャッシュを削除する方法について記載します。

スポンサーリンク

空き容量不足の状況

これまで、自宅に3台あるFire TV / Fire TV Stickのストレージ容量と空き容量を意識することはなかったのですが、以下の画像のとおりESファイルマネージャーのホーム画面に、大きく赤の背景で「空き容量不足」との警告が表示されました。残容量が約0.9GBと少ないので、Fire OSのアップデートもできない懸念あり。

 

▼内部ストレージ 5.34GBのうち 4.41GBを使用し「空き容量不足」との警告が。

 

▼「設定」「My Fire TV」の「ストレージ」でも「空き容量は0.94GB」となっていますが、こちらは警告メッセージなしです。

アプリとキャッシュの削除により、空き容量を確保

空き容量不足の原因が、数年間の私用でたまったキャッシュにあることに気が付くまで1時間程度試行錯誤したのですが、キャッシュを削除する前に使用していないアプリの削除や僅かなダウンロードファイルの削除も行っています。

不要アプリのアンインストール

▼不要なアプリのアンインストールとキャッシュの削除は、「設定」「アプリケーション」の「インストール済みアプリケーションの表示および管理」から行います。

 

▼赤枠に「アプリケーション = 73MB」「キャッシュ = 0.98MB」とあり、キャッシュは少ないものの、アプリ自体のインストール容量が比較的大きいことがわかります。このインストール容量を見極めたうえで、不要なアプリのアンインストールを行いました。

 

▼アンインストールを選択して削除します。

キャッシュの削除

スマホやパソコンでも一時的な保存ファイルであるキャッシュが肥大化し、容量を圧縮・レスポンスの悪化につながることがありますが、Fire TV / Fire TV Stickも同様です。私の場合、今回の対応により合計 1.3GB前後のキャッシュを削除しました。

 

▼Amazon Photosの事例ですが、赤枠のとおりキャッシュが383MBも溜まっているので削除します。

 

▼Amazon Photosを選択して「キャッシュを消去」を押下することにより、キャッシュを削除できます。

 

Amazon Photos以外にキャッシュを削除したアプリは、容量大きめのHulu、dTV、Netflixなどですが、画像・動画関連のキャッシュが大量たまっています。また、ブラウザのキャッシュの削除も効果的。

まとめ

今回の容量不足について、主にアプリのキャッシュを削除することで対応しましたが、約1.3GBの空き容量の増加となりました。使用につれて溜まるアプリのキャッシュですが、年に一度でもキャッシュを削除したほうがよさそうです。肥大化するキャッシュが溜まるとFire OSの自動更新にも影響を及ぼすもの(更新できない)と思われます。

 

コメント