吉報、Fire TV Stick 4K、 Fire OS 6.2.6.3 更新後にデフォルトのミラーリングが有効に

Fire OS 6 (Android 7.1をベース)で稼働するFire TV 第3世代とFire TV Stick 4Kでは、設定にミラーリングの項目がなく、サードパーティー製アプリ(AirReceiver)を使用しない限りはミラーリングできない状況が続いていました。

しかしながら、2019年4月に配信中のFire OS 6.2.6.3へのアップデートにより、Fire TV Stick 4Kでないモデルと同様に、デフォルトのミラーリングの項目が有効になるとのこと。

私のFire TVでは、Fire OS 6.2.6.3に更新されていないのですが、更新後に動作確認を行います。少なくとも、多くのAndroid スマホでは既存項目でのミラーリング可能となるはずです。

 

情報元

Fire TV Stick 4K、アップデートでディスプレイミラーリングをサポート (Engadget 日本版)

 

スポンサーリンク

Fire TV Stick、デフォルトのミラーリング設定項目

▼Fire TV / Fire TV Stickのバージョンは、「設定」「My Fire TV」にて確認できます。

私のFire TVの2019年4月7日時点のバージョンは Fire OS 6.2.6.0となっており、ミラーリング設定可能なFire OS 6.2.6.3にアップデートされていません。

 

▼リモコンのHome長押しで表示される画面ですが、上の画像はミラーリングの設定項目のないFire OS 6.2.6.0。一方、下の画像はFire OS 5の画面となり、「ミラーリング」の項目が表示されています。

この「ミラーリング」の項目が、Fire OS 6.2.6.3へアップデートにより表示され、既存項目でのミラーリングが可能になります。

 

▼こちらはAndroidからのミラーリングの手法ですが、Fire TV Stick 4K モデル、Fire TV 第3世代のFire OS 6.2.6.3へのアップデート後に、既存設定でのミラーリングが可能になります。

Fire TV Stick限定、既存設定でAndroidのミラーリングできることを再確認(2018年版)
有料アプリ「AirReceiver」を利用したAndroidのFire TV機器へのミラーリングですが、先ほど(2018年7月21日)久しぶりに試してみたところ、iOSからは難なくミラーリングできるのですが、なぜかAndroidでは...

 

▼ただし、Fire OS 6.2.6.3へのアップデート後もなお ミラーリングできない場合には、サードパーティー製のアプリ「AirReceiver」を頼ることもなります。このあたりの見極めも、私のFire TV 第3世代のFire OS 6.2.6.3へのアップデート後に確認します。

Fire TV Stickでのミラーリングに便利なAirReceiverの設定方法
Fire TV Stickにて、iOS、MacOS、Androidのミラーリングに欠かせないアプリである「AirReceiver」。305円ほどの出費となりますが、複数のOSで使えるうえに、ミラーリングの操作も簡単。 今回はあ...

 

コメント