Android端末のPrime Video再生を、Fire TV Stickのセカンドスクリーン機能でリンクしTVに表示してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fire TV Stickを2015年から3年近くも使用していながら、スマホ・タブレットではAmazon Prime Videoを全く使用しなかった私。今さらの気づきですが、Android スマホ・タブレットのPrime Videoの動画からFire TV Stickの画面へリンクし動画を視聴することができたのですね。

Amazon 公式に記載のある「セカンドスクリーン」の機能となりますが、手元にあるFire HD 8はもちろんのこと、Fire TV StickのFire OSのベースとなる、Android スマホ・タブレットでもしっかりとセカンドスクリーンは機能しています(iOSは未対応)。

 

参考サイト

Fire TVをセカンドスクリーンとして使う (Amazon公式)

 

スポンサーリンク

Android端末でのセカンドスクリーンの設定

今さらながらの記事のため恥ずかしさもあり、説明なくとも画面をみてすぐにわかる事項ですが、念のために記載します。

 

▲▼ Android スマホあるいはタブレットのAmazon Prime Videoを起動し、お好みの動画を選択すると、赤枠・赤の矢印のとおり「Fire TV Stickで観る」のアイコンが表示されています。

これを選択することにより、Fire TV Stickの接続先のTVまたはその他のディスプレイでPrime Videoの動画を視聴することができます。

▲▼ 赤枠の右にある「▼」を開いてみると以下の画像となり、Android スマホあるいはタブレットでセカンドスクリーンが機能することがわかります。Fire タブレット・Fire HDと同じ機能です。

なお、ミラーリングではなく、動画視聴の操作をスマホ・タブレットから送信している扱いとなるため、Fire TV Stickの接続先で動画が流れると、スマホ・タブレットをスリープにしても再起動を行った場合にも、動画は途切れることはありません。

 

▼こちらはiPhoneでのAmazon Prime Video画面。Android、Fire HDではある「Fire TV Stickで観る」の項目がありません。ここは、AndroidベースのFire OSとiOSとはアプリの開発環境などが異なるので当項目はないのでしょう(想像ですが)。

 

なお、私の環境で不思議なことは、同一テレビにFire TV StickとFire TVを接続しているのですが、Android端末側に双方の選択項目がなく、Fire TV Stickへのリンクとなってしまうこと。このあたりは検証の余地ありです。

まとめ

Fire TV Stick単体でも当然のようにAmazon Prime Videoは操作できますので、このセカンドスクリーン機能は不要なようにも思えますが、以下などで有効利用できそうです。

  • 外出先、または自宅内でテレビから離れた場所でスマホ・タブレットでPrime Videoを視聴の続きを、Fire TV Stick経由で観る場合。
  • 操作が軽快なスマホ・タブレットで動画を検索し、Fire TV Stick経由の大画面で視聴する。

 

コメント