iOS11 Fire TVのミラーリングはiPhone,iPadともに即認識。iOS10から大きく前進

iOS10ではかなり不安定(実質的には不可能)だった、iPhone / iPadからFire TVへのミラーリング。iOS10で不可能だったためにに、 iOS11でもミラーリングはできないだろうとの思い込みがあったものの、試してみたiPhone / iPadの3機種全てがほぼ一発で認識。つまりは Fire TVへのミラーリング可能でした。接続手順においては、やや不可解な部分もあるのですが、今回は、iOS11でのFire TVへのミラーリングのレポートです。

スポンサーリンク

ミラーリングに使用した機器・アプリ

私が今回、iOS11でのミラーリングに使用した機器・アプリは以下です。ミラーリングが不安定・実質困難であったiOS10.3.3から、iOS11にアップデートした以外の構成に変更はありません。

▽ミラーリングに必要となるアプリ「AirPlay&UPnP、AirReceiver」は、Amazonサイト、あるいはFire TVにて購入できます。

▼iOS11へのアップデートの状況は以下の記事を参照ください(私の他ブログへのリンクです)。

iPhone6をiOS11に速攻で更新、画面の変化・レスポンスなどの第一印象

iPad mini3をiOS11に更新、短時間利用でも感じた使い勝手の向上

iPad 2017をiOS11に更新。より使い易く、変わらないサクサクなレスポンスで不都合なし

ミラーリングできた状況と設定手順

▼こちらは、iPhone6にてミラーリングできた際の、コントロールパネル。赤枠内にFire TV Stickのデバイス番号が表示されています。

▲iOS11からコントロールパネルのデザインが変更となっているため、iOS10ではなくiOS11でのミラーリングであることをわかっていただけるかと思います。

(なお、iPad mini3 / iPad 2017のコントロールパネルの状況は割愛します。iPhone6とは多少配色が異なるのみです)

iPhone / iPadのミラーリング、設定手順

ミラーリングの設定手順はシンプルなのですが、今回 一部に不可解なところがありました。たまたまの現象かもしれませんが、不可解な部分は赤文字で表記しています。

なお、以下の記事で紹介のアプリ「AirPlay」をインストールしている前提での手順です。

Fire TV Stick、iPhoneのミラーリングはAirPlayにより簡単設定
1年ほど前に、Fire TV StickにてAndroidのミラーリングを複数台で試みるも特定機種しか繋がらず撃沈。それ以降、ミラー...

▼Fire TV側での設定ですが、リモコンのホーム長押しで表示される以下の画面で、「ミラーリング」を選択

▼以下の画面にて、スマホでのミラーリング設定待ち状態となります。

▼iPhone / iPadのコントロールパネルにある「画面ミラーリング」をタッチ

▼「Apple TVを検出中」となります。

前述の不可解な現象とは、上の画面の「検出中」のまま2~3分ほど経過しても検出できなかっため、「iOS11でもやはりダメか」と思い、Fire TV側のミラーリング待ちの画面を閉じた瞬間に、iPhone側での検出が完了

以降、Fire TV側でのミラーリング待機設定のないままに、iPhone6 / iPad mini3 / iPad 2017ともに、コントロールパネルの「画面ミラーリング」をタッチすると即ミラーリングできる状態となりました。(手順に変更があったことを、私が知らない可能性もありますが)

▼画像を分割していますが、「デバイス番号」「ミラーリングを停止」が表示されると、ミラーリングできています。

まとめ

iOS10では試行錯誤しつつも、実質的にはミラーリングできなかったのですが、iOS11では不可解な部分があったにせよ、即ミラーリング完了となりました。

あらためてミラーリングして感じたことは、液晶テレビに映るミラーリング画像の解像度が粗く、画像表示・音声ともに遅延気味なこと。ここは素直に、ミラーリングよりも、以下のケーブルでHDMI接続したほうが無難とも思われます。

▼Youtubeは大丈夫そうですが、huluなどの有料動画サービスは動作不安定との記載もあり、注意が必要

▼iOS11になって、ミラーリングが即認識できたのにも驚いたのですが、以下のとおり 突然 Fire TVの2017モデルとなることにも驚き

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事