Fire TV、Androidのミラーリングを無料で試せる「CastReceiver 試用版」の導入方法と使用感(Google Playアプリを使用)

Fire TV機器のアプリ「AirReceiver」は、iPhone/iPad、Android、MacOSの端末から簡単にミラーリングできる優れもの。ただし、305円の価格がややネックとなろうかと思います。

先日、「Androidのミラーリングなら、Google PlayアプリのCastReceiverでも可能」とのコメントをいただき、5分間のみ連続使用できる試用版となりますが早速試してみました。

スポンサーリンク

CastReceiverのインストール

▼インストールするのはGoogle PlayのCastReceiver。アプリの概要確認用のリンクであり、こちらをダウンロードするものではありません。ダウンロードするのはapkbucketサイトのアプリケーションファイルです。

CastReceiver

CastReceiver
開発元:softmedia
posted withアプリーチ

▲▼試用版のため連続5分間のみ使用できます。ミラーリングを5分間行うとミラーリング画面が切れ、続けて使用する場合には再度設定となります。

 

Google Playからのインストールとなりますが、この手法については以下の私の別サイトで記載していますので、そちらを参照ください。

Fire HD / Fire TVにPC経由でGoogle Playアプリをインストールする方法
Fire HD 8とFire TV Stickに、Google PlayのAndroidアプリをインストールし…

 

詳細は上記リンク先となりますが、インストールの大きな流れは以下です。なお、インストールする手法は、下記以外にFire TV機器のブラウザ経由、Fire TV Stickの場合にはスマホ経由がありますが(Fire TV 2017の場合には、インストールに使用するGoogle Playアプリ「App2Fire」が機能せず)、以下はPCを利用する場合の流れです。

 

  1. Fier TV機器に「ESファイルエクスプローラー」など、クラウドストレージを参照可能なファイルアプリをインストール。
  2. Fire TV機器の「設定」「開発者オプション」にある「ADBデバッグ」と「不明ソースからのアプリ」をオンにします。
  3. apkbucketサイトより(※)、CastReceiverのapkファイルをダウンロードし、OneDriveなどのクラウドストレージに保存。
  4. Fire TV機器にて、「ESファイルエクスプローラー」などからOneDriveに保存したapkファイルを実行・インストール。

 

※ 私は普段はapkbucketではなく、apkpureサイトを利用しているのですが、なぜかapkpureサイトにはCastReceiverはありませんでした。

 

▽App2Fire経由のスマホからのインストールも可能です。ただし、Fire TV 2017では同アプリからインストールできません。

Apps2Fireの使い方、Fire TVへGoogleアプリのインストールやスクショも撮れる便利なアプリ
Fire TV関連の記事内にて、何度かAndroidのスマホアプリである「Apps2Fire」の紹介をしました。このApps2Fireは、Android端末からFire TV機器にGoogle Playアプリのインストールや、Fir...

 

▼上記2の「設定」「開発者オプション」にある「ADBデバッグ」と「不明ソースからのアプリ」をオンに。

 

▼Fier TV機器の「ESファイルエクスプローラー」から参照した、OneDriveに保存のCastReceiverのアプリケーションファイル。

以前はローカルフォルダに保存したうえでインストールする必要があったのですが、apkファイルの選択でOneDriveから直接インストールできました。

 

▼Fire TV機器へのインストール完了。文字で記載すると長いのですが、ファイルのダウンロードに時間がかかるのみで、ダウンロード後は5分もかからずインストールできます。

 

なお、Google Playには同種のアプリが多数ありますが、Fire TV機器にインストールした場合には「Google Play 開発者サービス」が必要となり、Fire TV機器では機能しないものが多くあります。

ミラーリングの使用感

▼CastReceiverの設定画面はこちら。デフォルトの状態からいじる必要はないのですが、冒頭のGoogle Castにチェックが入っていることが必須。

 

▼Androidの「設定」「ディスプレイ」「キャスト」にて「ワイヤレスディスプレイの有効化」をオンにします。

 

▼「AFTFxx, CastReceiver」とありますので、これをタッチ。右の画像のように「接続済み」でミラーリング完了です。

 

さて、長時間の運用ではないのですが、スマホの静止画とYouTubeをミラーリングしてみた使用感は以下となります。全般的にはAirReceiver経由でのミラーリングと遜色ありません。

  • Android端末から「キャスト」を選択してからミラーリングまでの時間は速く、待たされ感はありません。
  • AirReceiver経由も同様ですが、ホーム画面・Webサイトの遷移などは少しカクツキがあります。
  • 動画のミラーリングは、動画はスムーズ・音声の遅延もなく十分に使用に耐えうるものです。

 

まとめ

試用版での確認であり、5分以上継続して利用できる有料版は試していないのですが、AirReceiver経由のミラーリングと同様に動画も十分に実用的なものでした。

CastReceiver 有料版の価格は未確認ですが、Andorid / iOS / MacOSにも使える有料のAirReceiver経由を導入前に、その動作確認用としての使い方もありだと思います。

 

Fire TV Stickでのミラーリングに便利なAirReceiverの設定方法
Fire TV Stickにて、iOS、MacOS、Androidのミラーリングに欠かせないアプリである「Air Receiver」。305円ほどの出費となりますが、複数のOSで使えるうえに、ミラーリングの操作も簡単。 今回は...

 

ミラーリングの関連記事

Fire TV Stick、AndroidのミラーリングはAirReceiver経由でより簡単に、表示遅延も抑制可能

Fire TV Stick、Windows 10をミラーリングする方法とその使用感

Fire TV Stick、MacのミラーリングはAirPlayにより簡単設定、画質・レスポンスも想像以上

iOS11 Fire TVのミラーリング手順。アプリ導入により数秒で完了

 

コメント