クルマ

クルマ

ワイヤレス充電対応の車載ホルダーが800円台より。海外通販サイトでの販売事例

スマホのワイヤレス充電に対応した車載ホルダーは、Amazonなどにて多数販売されていますが、価格は高めで同種の製品が多いように感じます。そこで参照いただきたいのが、中国系の海外通販サイト。国内通販サイトで販売している製品もオリジナル...
レヴォーグ

レヴォーグに彩りを与える、納車直後に購入したい小物パーツをピックアップ(2019年夏版)

レヴォーグからレヴォーグへの乗り換えを決定した私。2019年6月22日にディーラーにて契約し納車は7月末となるのですが、今からどこを弄ろうかとワクワク。現在のレヴォーグではほとんどノーマル状態で終わったのですが、コストをかけずに、ま...
レヴォーグ

残クレ最終支払間近のレヴォーグ、再びレヴォーグに乗換決定。契約したグレードと乗換の背景

2014年10月にレヴォーグ 1.6GT EyeSightを「残価設定型クレジット(残クレ)」で契約した私。この6月末に最終回の約100万円の支払を控え、再分割・他のスバル車への乗換などを検討していたのですが、数ヵ月前には考えていな...
スポンサーリンク
コペン

2005年製の古いナビにiPhoneをカプラー接続し音楽出力。音質の劣化も感じず、CD替わりとしては十分に実用的

2005年製の14年落ちのナビをいまだに使用している私ですが、もちろんBluetoothもなければ有線でiPhoneも接続できません。そこで今回、巷には同様の記事があふれていますが、市販のコード類を利用し、iPhoneの音楽再生・ナ...
クルマ

海外で人気のドラレコ「Xiaomi 70mai Dash Cam」の概要。スマホ連携やデザインが大きな魅力

Amazonでは3,000円台のドライブレコーダーがベストセラーとなっていますが、私の興味を惹くのは中国のビッグブランド「Xiaomi」の製品。具体的には上の画像のXiaomi 70mai Dash Cam Proと70mai Da...
クルマ

1万円未満の2DIN Android カーオーディオ、スペック・機能の傾向と製品事例

2005年式のCopen L880Kに、同じく2005年製のカーナビを装着している私。気がつけばナビは14年落ちの年代物。ふとAmazonやら海外通販サイトを参照すると、14年間の価格破壊、中国メーカーの台頭は凄まじいもので、カーナ...
レヴォーグ

電波遮断ポーチのレビュー、安価ながらも電波を遮断しリレーアタックの心配なし

ニュースで取り上げられることの多くなった「リレーアタック」による車の盗難。私が時々利用している千葉県某所のファミレスでも家族の知り合いが被害にあったとか。自宅ではお菓子の箱の内側にアルミホイル貼った簡易的な物で対応していたのですが、...
レヴォーグ

迫る レヴォーグの残クレ最終支払、他メーカーへの乗換・再ローンなど現在検討していること

2014年10月にレヴォーグを「残価設定型クレジット(残クレ)」で契約した私ですが、恐れていたのが5年後の最終支払時の対応。そして、2月にスバルより「残価設定型クレジット・最終回支払金支払方法に関するご案内」を受け取りました。 ...
コペン

気になるAndroidナビ、Amazonで販売 5製品のスペック比較

我が家のコペン L880Kは2005年の納車なのですが、後付けのナビも2005年製。まだ、スマホが流行る前ですので、カーナビへのスマホ接続すらできません。 そこで物色しているのが、中国製のAnroidナビ。2万円前後でもそれな...
コペン

コペン L880K、Amazonで探した 納車15年目にして欲しいパーツ 15選

2005年6月に納車し、まもなく15年目に突入する我が家のコペン L880K。納車当時は30歳台半ばの私もアラフィフ世代。私とともに、コペンの内装・外装もくたびれてきています。そこで小遣い程度でも購入できる、魅力的な内外装パーツはな...
レヴォーグ

レヴォーグ 1.6GT、48ヵ月(12ヵ月法定点検)の費用内訳を公開

2014年10月にレヴォーグを納車してから、気が付いてみると早くも4年。車検に出したのがつい最近のような感覚ですが、昨日 48ヵ月(12ヵ月法定点検)を受けてきましたので、その内容などを公開です。スバルの「お得で安心 点検パック」の...
コペン

業者によるヘッドライトクリーニングを実施、施工前後の画像と相場観など

ヘッドライトレンズの汚れ・くもりにより6回目の車検をパスしない状況であったため、8,020円の出費により車検時にレンズクリーニングを行った我が家のコペン。先日の記事「コペン(L880K)、6回目の車検費用、交換部品などを公開。くもっ...
コペン

コペン(L880K)、6回目の車検費用、交換部品などを公開。くもったヘッドライトがピカピカに

2005年6月に納車のコペン L880Kも早いもので、この2018年6月に6回目の車検となりました。詳しい技術的なことはさておき、6回目の車検費用を5回目と比較しつつ公開します。なお、今回・前回の車検での特殊要因もあわせて記載してい...
コペン

コペン L880Kのバッテリー、車検前に交換候補とした3製品(2018年版)

この6月に6回目の車検を迎える、私のコペン L880K。交換あるいは整備する部品は多々あるものと推察しますが、間違いなく交換を求められるのはバッテリー。この冬は何とか持ち堪えたのですが、要交換パーツの筆頭候補となるでしょう。 ...
レヴォーグ

意外と安い、レヴォーグのタイヤの脱着料金(税込2,160円)。今後はガソリンスタンドでの脱着に決定

私は普段、スタッドレスと夏タイヤの脱着は自分で行っているのですが、自宅の車のうち、コペン(軽自動車)はともかく、レヴォーグや前車のノアとなると、かなりの重労働。家族二人で最短でも1時間半程度はかかっており、翌日以降には筋肉痛となるこ...
スポンサーリンク